人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

AUKEYとnikonの広角レンズで実験するよ日記

f:id:mizi:20180505154953j:plain

本日の登場カメラはこちら。主にNikon 1 J2+NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6 vs iPhoneSE+スマホ用広角レンズAUKEY PL-WD01となっています。

カメラは技術も知識もないが、ガジェットが好きなのでスマホ用広角レンズの撮れ具合を比較してみたいと長い間思っていた。

ミラーレス用の広角レンズをゲットしたので試しに室内、室外のいくつかのシチュエーションで撮影してみた。色味が違うのは置いておいて、絵の広さとかの参考に。

室内1

f:id:mizi:20180505161404j:plain

室外1

f:id:mizi:20180505154955j:plain

室内2

f:id:mizi:20180505154956j:plain

室外2

f:id:mizi:20180505154954j:plain

広角レンズの歪みについて

f:id:mizi:20180505154959j:plain

広角レンズで撮影すると絵の外側がちょい歪む。画像補正ソフトで修正できるのだが、Photoshopにそのものズバリ「広角補正」という一発でいい感じに修正できるフィルターが存在することをいま知った。これまで広角レンズの写真補正を手動でちくちく行っていたため絶望。かがくのちからってすげー!

Photoshopのフィルタで補正したのがこちら。

f:id:mizi:20180505154958j:plain

こうして補正してみると、めちゃくちゃ美しい写真でないと許せないマンでない限りはスマホ用広角レンズも悪くない気がする。

スマホ用広角レンズは買いか否か

デメリット

装着が手軽なかわりに、レンズがズレて絵がぼやける時がある

私の使っているスマホ用広角レンズは気軽に装着できるかわりに、レンズ位置がちょっとしたことでズレて写りがボヤっとしてしまうのが辛い。

さまざまな事情によって高速で撮影しようとすると、レンズに手が触れて位置をズレさせてしまいがちなのが悩ましい…。ゆっくり撮影できる時ならよいのですが。

メリット

荷物にならない、装着が楽! 画角が広くなるのは便利!

レンズ交換式カメラは本体よりレンズの価格が高いので、床から油田が沸いてる家とか、仕事で使うあるいは写真がもっとも重要な趣味である人でないと敷居は高い。

また、コンデジでもミラーレスでも一眼でも、スマホ以外にわざわざカメラを持ち歩くのは荷物になるという弱点もある。さまざまメリットデメリットを踏まえると、趣味で写真撮るけど家に油田が沸いていないよ派はスマホ用レンズは持っていても悪くない! と思う! レンズの位置ズレだけ気をつけろ!

ちなみに100均のスマホ用広角レンズは絵の歪みが補正できないレベルに激しいやつがあるので、おすすめしないでしゅ!

ニンテンドーラボだいしゅき日記

ニンテンドーラボを買って、即組み立ててみた日記。

ニンテンドーラボは発表時から面白そう!と感じて興奮していたが、段ボールに7,000円弱か…と悩んで、購入を躊躇していた。

だが、作って遊んでみたら躊躇していた時間が惜しく感じるレベルに悔いなしのおもしろさだった。今すぐ生まれ直して小学生として遊びたい!

段ボールとSwitchを組み合わせて学ぶ&発見するアソビなのだが、手を動かして「こういうことか〜!」と発見するのが工作好きにはめちゃくちゃ楽しい。

段ボールのギミックがめちゃくちゃ上手くできていて、立体造形物を作るにあたってこういう作り方アリか〜!と感心する。そして組み立て時の説明も退屈させず、わかりやすく上手なんですわ。

Switchで組み立て説明を行うんですが、めっちゃくちゃインタフェースがよく設計されている。音とエフェクトでクセになる気持ち良さがあり、ステップ数が多くても苦にならない見せ方が超うまい。作った人たちのことを心から尊敬する。

工作好きキッズ、そしてものづくり好き大人が遊ぶには超いいおもちゃなのではないかと思います。キッズの場合作るのが早い子でも、全部作り終わるのに2日はかかりそうなので遊びのコスパはなかなかいいのではないか。しかも基本作り終わっても、工夫して遊べるスルメ系!

テキストのセンス超いい。

レディ・プレイヤー1と走馬灯の日記

f:id:mizi:20180422012842j:plain

みんなスティーブン・スピルバーグ監督の最新作レディ・プレイヤー1見たよね? 見ないはずないよね? 見た前提で興奮した気持ちのままに自分語り日記を衝動で書く。

ついさっきレディ・プレイヤー1をレイトショーで観てきたが、めちゃくちゃ好きだった。もう1回は映画館で観ると思うし、円盤も絶対買う。

「ゲーマーならここで最高に嬉しくなるよね〜!」というスカッと感。作り手の青春…みたいな要素が私は!しゅき!

ハリデーにまつわるエピソードは、自分の青春を重ねてしまいぐっと来た。

体が弱かったし友達づきあいも得意でなくビデオゲームに熱中して、インターネットでゲームのファンサイトを作ることに夢中になっていた。

ファンサイトを作るうちに様々作ることを仕事にして、仕事になってしまうと人と衝突したり辛いことも多かった。

コミュニケーションは不得意だし人と衝突するのはつらいが、衝突を乗り越えて自分では思いつかないような考え方や技術を持った人と一緒にものを作ることで、一人では作れないものができるし、何より楽しい!

最初はビデオゲームが好きだったけれど、人と協力してものを作ることそのものが最高に面白いゲームになっちゃったんだよな〜とレディプレイヤーワンを通じて自分の半生を見直してしまった。

ハリデーはモローと公式には決裂していても、「あいついいものつくるよなぁ」と悔しいけど認めてしまう関係だったんじゃないかな…そう思いたい。

なにより、この映画の作り手たちの青春よ…。おじいちゃん監督と、昔の文化に思いをはせる若き演者とデザイナーたち…。様々考えてしまって涙腺のダムが決壊する。

自分がオアシス住人だったら、有事の際に選ぶアバターニンテンドーゲームキューブ風のタクト』のガノンドロフちゃん!! 普段はジャバ・ザ・ハットでいい。

膝蓋骨亜脱臼によるMPFL再建術 〜半年後の話

膝蓋骨亜脱臼によって膝の不安定感があり、2017年に膝蓋大腿靭帯(MPFL)再建術を受けてから200日あまり、術後半年が経過した。

膝蓋骨亜脱臼によるMPFL(膝蓋大腿靭帯)再建術 入院&リハビリ記録まとめ
これまでの経過はコチラ

日常生活を普通に送っているが、まだ課題もある。今回はリハビリ記録最終回として、半年経ったの経過をまとめておく。例によって人によって症状や経過は異なるので、こういう人もいるという参考程度にご覧いただければ。

もくじ

術後半年の課題

仕事や家事など日常生活を普通に送っており、スポーツジムに通って自主的に筋トレを行なっていたが細かな動きに課題感を持っていた。

筋トレを行なっているものの、立ち上がる時などに手術していない方の足に頼り切っていて人工靭帯を入れた膝に力を入れるのを無意識に避けていた。

膝を伸ばすと痛いからというわけではなく、術後に痛かった恐怖感がうっすら残っていたため避けていたが、使っていないと衰えるので困るのでよくない気がしていた。

また、術後しばらく完全に膝を伸ばすトレーニングは禁止という記述が医者から渡されたリハビリ虎の巻に書いてあったため、膝を完全に伸ばすのを避けていたためか力を入れて伸ばさないと膝をまっすぐにしづらくなっていた。

膝をまっすぐにする力が弱まっているためかどうかは不明だが、脚を蹴り出す際のやわらかさに欠けるためスムーズに走れていないのも気になっていた。

リハビリ見直しからの、改善

課題を解決するため、というよりは筋トレの効率を上げたくて術前からお世話になっていたスポーツジムのパーソナルトレーナーに、近況を説明しつつトレーニングメニューを相談した。

歩き方や姿勢を見てもらって、筋トレもいいけど家でもこのトレーニングして足を伸ばそうぜ!みたいなおすすめメニューを組んでもらった。

そこまで回数もこなしておらず、朝夕と日中の気がついた時に取り組んでいるが1ヶ月で膝がやわらかくなってきた。早い。

パーソナルトレーナー氏の話によると、足のトレーニングもさることながら全身の筋力をバランスよく鍛えて姿勢をよくする必要がある。筋力不足で姿勢が悪くなっていることで、膝や腰に負担がかかっちゃうYO! とのことだ。

手術4ヶ月後くらいから歩くことには不自由しなくなっていたので、手術直後に理学整体師から聞いた地味トレーニングをやめて普通の筋トレに取り組むようになっていた。思い返すと、理学療法士のメニューも一部継続していた方が、より早くスムーズに膝が動くようになった気がする。反省!

人によって改善点と必要なトレーニングは異なるので、私と同じ手術を受けて課題を感じている方はご自身で主治医やリハビリ担当者に相談していただければと思います。症状や状況によって、適切でないトレー二ングもあるので。

そのほか、細かな経過

自分では歩くことに困っていないですが、人から見て歩き方不自然なところはあると思います。たまに足怪我してる?って聞かれることはありますが、前より言われる頻度は減ってきました。(術後3ヶ月くらいの段階では、スポーツジムで老人に足の調子大丈夫か何度か声をかけられていた)

私は膝のお皿周辺の感覚が麻痺した状態で、人工靭帯を入れるときに神経切っているのでそういうものらしい。床に膝をつくと感覚がなくちょっと気持ち悪いのですが、さほど気にしていません。

あと、正座はしていません。もともと得意ではない!から!

半年のまとめ

動きにまだ細かな課題ありつつ、術前の膝の骨がゴリゴリして不安定な感じはなくなっている。わりと手術が成功した方なのではないかな…とは思うが、ぶっちゃけ数十年単位でどうなるかはわからないので、全身の筋力をまろやかに鍛えておいて膝に負担少なく長持ちするように努力は続けようと思う。

人によって術後、リハビリの経過って異なると思うのですが、手術が成功したあとは自分とコツコツ向き合って自分なりの課題を見つけて、マイペースで改善のための努力を重ねるしかないなーと感じました。

リハビリしていると「よくなったなぁ」と体感できるポイントがこまめにあるが、寒暖の差が激しいなどのタイミングで動きが鈍くなって焦ることもある。三歩進んで一歩下がる…みたいな状況で一気に良くならずとも、焦らずのんびり自分の相撲を取るのがよいと思う。

一人で課題を見つけたりモチベーションを保つのが難しい時があるので、人によっては理学療法士などプロにメニューを組んでもらった方がよいのかもしれない。

ただ、リハビリを行うことができる施設って老人向けにはよく見かけるのだが、私のような中途半端な年齢の人間はどこに行ったらいいか謎だなと思っていた…探せばあるのだろうか。

膝蓋骨亜脱臼によるMPFL(膝蓋大腿靭帯)再建術 入院&リハビリ記録まとめ
これまでの経過はコチラ

晴れたり時々曇ったりの日記

しばらく旅行記的な話が続いたので、自らのハードルを下げるためにどうでもいい日記も書く。

かつて同じ組織で働いた仲間が、持ち前のセンスを発揮して活動する様子を見て「しゅごい!」と最近感動している。

かつての仲間の楽しげな活動をみるとわしが育てたくらいの誇らしい気持ちになるが、オリンピックのメダルを獲得した選手の出身地で、直接の接点がないおじさんが「あの子は凄かったよ!昔から!」と興奮してインタビューに答える気持ちだ。育てていないし、初代スト2の背景で2コマくらいでアニメーションしている観客に等しい。

知っている人が輝くと「自分はみんなと比べて活躍できていないなぁ」という気持ちを自分自身が抱いたり、他の人が輝いている人をみてしょげる現象が少なからず起こる。

でも人生はそれぞれ山あり谷あり。他人の見えている情報が全てとは限らない。

私のように「こないだ手術したよ!」と元気よく言う人間もいれば、ネガティブ情報は極力隠す人もいる。

他人の人生でうまくいってない瞬間を見かけたとしても「遠くでちょっと小雨かな?」くらいの印象でも、当事者にとってはハリケーンということもあるので他人の気持ちや苦労はわからないものだ。

また、自分では「わし、活躍できてないなぁ」と思っていても、他人から見たらいい活動しているなと認識されている時もある。自分がこうありたいと思う像から離れると落ち込むが、落ち込んでいるときは自分を客観視する能力が落ちていたりもする。

そもそも「自分はこうありたい」ってなんだ、と最近よく考える。私がブログを書くのは、ブログを書く自分が好きだからなの?ブログを書く事が好きなこととはまた別なの??と脳の処理能力が追いつかなくなって気絶。

私はついさっきニンテンドーSwitchのスプラトゥーン2で初イカ体験をして、気絶レベルに酔ってこの世の終わりレベルに落ち込んでいる。グンナイ!

鎌倉!鳩サブレのデザインをめぐる散歩

f:id:mizi:20180210213412j:plain

海を見に鎌倉方面に行ってきた。鎌倉は気がつけば鳩っぽい洋菓子店がオープンしていたり、鳩な茶房があったりで鳩サブレーのデザイン戦略うまいなー!といまさら感動したので書き留めておく。

最近、旅というには近所な気がする微妙な距離の散歩の話を書きがちなので、『神奈川県さんぽログ』というカテゴリに記録することにした。

八十小路

f:id:mizi:20180210215725j:plain

鎌倉駅ちかく小町通りの飲食店がひしめくエリアによく見ると飲食店であることがわかる、控えめなお店が佇んでいたのを発見して入ってみた。ここから、鳩をめぐる奇妙な散歩がはじまる…。

f:id:mizi:20180210133315j:plain

期間限定のお雑煮を注文したら…箸袋とお手拭きに…鳩…! もしやと検索すると、店舗名は『豊島屋茶寮 八十小路(はとこうじ)』! 豊島屋すなわち鳩サブレーのお店かー! 鳩サブレーしゅき。

リーズナブルながらも、丁寧な仕事でおいしい。店内の席間は広くて落ち着いて休める、良い空間だった。やるなー。

豊島屋本店

鳩サブレーはアイコニックで超いいデザインだが近年はお菓子以外にもグッズ展開をしていて、鶴岡八幡宮近くにある豊島屋本店で鳩デザイン雑貨を購入することができる。

f:id:mizi:20180210185408j:plain

鳩サブレー型ミラーなど、製造コストかかりそうだけど一部の人に刺さる絶妙デザインのグッズが多くてやるなぁと前から思っていたが、どんどんかわいいグッズが増殖している。

色が「鳩サブレーらしさ」を守っているし、イラストのデフォルメ加減とシュールさが超センスいい。

f:id:mizi:20180210193506j:plain

セロテープホルダーはオモテが動物園、裏は水族館柄!鳩がさまざまな動物とコラボ…。

f:id:mizi:20180210193442j:plain

セロテープホルダーのパッケージに、さらりと意味不明なテキストが。

商品リストをみると2018年段階で鳩きせかえ消しゴムを取り扱っていて、商品名が「鳩サブローの過去の消し方」。正々堂々とした電波っぽさがよい。

豊島屋洋菓子舗 置石

鳩グッズを購入してホクホクし、豊島屋本店から出たら鳩の気配を対岸に感じた。道を渡ると…。

f:id:mizi:20180210141315j:plain

鳩サブレーの豊島屋が運営する洋菓子店かー!武者鳩が出迎える粋さですな。(ちなみに、武者鳩の足元に「いま鎌倉」って書いてある)

f:id:mizi:20180210141209j:plain

店内は黄色で鳩サブレー感ある。

f:id:mizi:20180210141218j:plain

焼き菓子はさりげない鎌倉っぽいパッケージデザインでセンスがよく、お土産にしたくなる。

ショーケースの中にあったピスタチオクリームのエクレアが気になって、1個購入して食べ歩きスタイルにしてもらった。風味豊かですごくおいしい。(興奮して即食べたので写真はない)

エクレアがわりと好きでよく食べているのだが、強豪ぞろいの中でもだいぶハイレベルなおいしさではないだろうか。鳩への愛で興奮して過剰においしく感じるのか?よくわからなくなってきた。

f:id:mizi:20180210190621j:plain

買って帰った焼き菓子もおいしい。鳩サブレーも貰ったらうれしいレベルのおいしさだし、そりゃそうかーとひとりで納得した。

f:id:mizi:20180210190545j:plain

包装にも鳩の気配…! ちなみに、『豊島屋洋菓子舗 置石』は2Fで座って生菓子が食べられるので、次はエクレア全種類食べたい。

すべてが鳩になる

今まで何度か鎌倉を訪問しつつも、こんなに鳩サブレー一族がいることを知らなかった。知らずにお店に入って「トータルでいいデザインだなぁ…あっ、鳩!」となるので、ブランディングめちゃくちゃ成功していると思う。

f:id:mizi:20180210195119j:plain

雑貨の小袋の内側が鳩柄、さりげない粋さ。

美しさもさることながら、ユーモアのセンスもステキでデザイナーの手腕と会社の度量がすごいなと感心しきり。こういうセンスは見習いたい。

f:id:mizi:20180210195523j:plain

洋菓子のパンフレットはおしゃれなのはもちろん、テキストのセンスがさりげなくイケている。

f:id:mizi:20180210195529j:plain

「豊島屋ならではのあの焼き菓子が入っています」という、突然の思わせぶりな表現。しかもフォントがオリジナルパッケージをリスペクトした感じなんすよなー。本当にいいデザイン。

ニュースサイトにパッケージデザインについてインタビューした記事が載っていて、いいわねーって思った。

irorio.jp

鳩人という特殊用語がさらりと出てくる。

LEGO boost 開封の儀にっき

気持ちが高まって、キッズ向けプログラミング勉強できーるなレゴ『LEGO boost クリエイティブツールボックス』をうっかりゲットしてしまった。作る系おもちゃに心底よわいのだ。

LEGOオフィシャル商品仕様説明FAQ(なぜか日本語版のふつうの製品サイトは見当たらない…)
BOOST - デバイスガイド - service LEGO.com

f:id:mizi:20180204153146j:plain

箱がだいぶ大きいので、猫がインしてしまった。

早速試してみたが、めちゃくちゃ楽しかった。マインドストームやWeDo2.0をさわったことがないので、感動が大きいのかも…。

f:id:mizi:20180205000029p:plain

専用アプリでトリガーやアクションをGUIで配置して、ロボットに動きを設定していける。感覚的でわかりやすい。

無料DLできるタブレット向け専用アプリによってBLE通信で本体(ムーブハブ)をコントロールして動かすことができる、今時な感じのおもちゃ。チュートリアルとなる作品作りが超面白い!

f:id:mizi:20180205000215p:plain

高額商品だが基本レシピが5つ入っていて、最初のロボットを組み上げただけで4時間くらいかかった。しかも、応用レシピでまた色々なチャレンジができるんだなー。作るの好きなタイプなら、たくさん遊べてよさげ。逆に向いていない子は、すぐ諦めてしまうかも…。

f:id:mizi:20180204224948j:plain

指示に沿って基本レシピを組み上げていくことで、ムーブハブのできること、機構を組むコツをテンポよく学んでいける流れが超わかりやすい。いいデザインだ。

写真のロボットは100ステップ以上の手順があって、パーツ数も多い。キッズの自己管理能力が試される感ある。7歳〜12歳が推奨年齢らしいが、大人でもパーツ無くしそうになるのでタッパーやトレイを準備してあげるとよさげ。

f:id:mizi:20180204214519j:plain

余談だが、私はレゴを近年遊ぶようになったことで「作るときに素材をソートし、整理することで制作効率が良くなる」ということを学んで、料理や裁縫を以前よりすこし効率よく作ることができるようになった気がしている。大人でも学べるレゴしゅごい(単に私が体は大人、頭脳が子どもだったので効いたという可能性もある…)

IFTTTと連携することができると、さらにおもしろそうなんだけどなー。様々な人が遊ぶことで、できることの幅は広がりそうな気がしています。レゴ自体の拡張性が高いだけに面白そう!

一通り基本レシピを作ったら、自分なりのカスタマイズを試してみたい。

ちなみに、現在はトイザらスで先行販売中。2/15に一般販売が開始される。大阪のレゴディスカバリーセンターでは数量限定で特典あるみたい。いいなー。

www.toysrus.co.jp

レゴ60周年記念のプレートが入ったシリーズは、パッケージと商品名が最高にかわいい。わくわくするわねー。