人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

デザインの大海に思いを馳せろ!〜デザインフェスタ49出展日記

f:id:mizi:20190521000245p:plain

DF49に参加してきて、2日間ずっと「みんなすごい…!!」と感動していい週末でした。いい作品に巡り会えたし、オッスオラ悟空強いやつと戦いてえ的な気持ちになった。

素敵な作品を紹介しつつ、この感動を記録しておきたく思います。

買い手すごい問題

『デザフェス戦利品』でSNS検索するとさまざまなる人が戦利品を披露していて、めちゃくちゃ楽しいです。

twitter.com

買った人が紹介している作品そのものが素敵なのはもちろん、一人が複数の作家の作品を紹介しているのをみると「この人は、こういうデザイン好きなんだな〜!」というセレクト美学が感じれられて感動。

今回のデザインフェスタって1日4,500ブース出展規模だったらしいんですが、会場がめちゃくちゃ広大で、しろうとが歩き回ると次の日白骨になって発見されるレベルなんですよ。

f:id:mizi:20190520231952p:plain

矢印が自分のブースがあった場所なんですが、会場の1/12を画面に納めてこのくらいの存在感と思うと、広大すぎて気絶できる。

SNSの発達があるとはいえ、こんな広大な会場の中から自分の好きなデザインを発掘できる眼力まじですごい。

f:id:mizi:20190519162653j:plain

ライブペインティングもスゲエ。

自分も作品を買った

プレイスペース広島( @pshiroshima )さん

オリジナルデザインダイス。ボードゲーム遊ぶとき楽しくなりそう〜と思ってゲット。めっちゃくちゃたくさんダイスあって、展示見てるだけでわくわくできました。 f:id:mizi:20190519202242j:plain

MIRIN( @MIRIN_001 )さん

紙文具。シックでかわいい〜!!!!人にお手紙送りたくなっちゃう。 f:id:mizi:20190519202010j:plain

まめプロ( @mamepuro )さん

f:id:mizi:20190520233807j:plain

お弁当を背負ったネコチャン。シャケとか太巻きとかさまざまなバリエーションあるだけでも興奮なのに、猫の柄もいろいろで自分ちの猫に似た子が蟹缶を背負っているのを見つけて、衝動的にお迎えしました。もう1匹欲しい…。

まよ( @may0_u )さん

f:id:mizi:20190519202310j:plain

やわらかアニマルのテイストがかわいらしい。ブレない世界観…。

f:id:mizi:20190519132921j:plain

ディスプレイもかわいい!!!

MELL THE DINER( @mell_the_diner )さん

f:id:mizi:20190519202143j:plain

ドット絵使い。SFCみを感じるし、ポップでかわいい…。「これが好き」がひしひしと感じられる。

ROOM NUMBER 210( @room_no210 )さん

f:id:mizi:20190519155143j:plain

ブースの世界観や作品と素材の魅せ方すべてがかっこいい。

f:id:mizi:20190519202037j:plain

お菓子ケースの中に置いてあるのが、お菓子デザインのアクセサリー。デザインはお菓子と紅茶! 世界観めちゃくちゃかっこいい。

出展しての感想

みんなすげぇ!オラわくわくしてきたぞ!の心境でした。完全に悟空。

f:id:mizi:20190520231952p:plain

こんな広大な大地から、「カニ…いいですね!」と発見してくれる来場者の眼力よ…と感動しました。

4,500ブースの中から、好きな作品に選んでもらった光栄さハンパねぇよ…と帰りのバスでちょっと泣きそうになりました。

ものをつくる仕事に携わってお金を稼ぐのが当たり前になりすぎていましたが、自分の手で作って人に届けるのは鬼大変だし、感想(あるいはツッコミ)をいただいたり、手にとっていただけると感動もひとしおです。

コミュニケーション苦手ゆえうまく喋れていませんでしたが、内心すごく喜んでおりました。本当にありがとうございました。

もっと色々作って遊びてえな〜!そして、誰かをニヤリとさせたいぜ!と心を新たにしました。

f:id:mizi:20190518103120j:plain

今回は気軽にブースを離れていたのですが、夫が店番をしている時に「カニ好きすぎっしょ」とお客様にお声がけいただいたようで、味わい深さを感じました。ザ・濡れ衣。

ちなみに今回出展したサークルのサイトは↓です。カニあるいはキーウィ好きな方な大富豪とかホテル王に買い占めてもらえるのを、待っています。(照れ臭さを隠すために、すぐ守銭奴みたいな発言をする病)

afternoon-kani-time.shopinfo.jp

GW作って遊んで異世界転生の準備をする日記

世の中が平成最後の盛り上がりを見せている中、私は500枚のメモ用紙や便箋を数えて仕分けし、メモ帳を作ったり袋詰めしていました。

f:id:mizi:20190430210000j:plain

5/18,19に開催される、デザインフェスタの出展準備(出展サークル「アフタヌーンかにタイム」のサイト)をしているのです。

f:id:mizi:20190501002153j:plain

手作りみMAX。

友人がお店を開いた話

焼き物を愛する友人が、愛が高じてかばんと陶器のお店を共同で立ち上げたとのことでお祝いに行ってきました。

f:id:mizi:20190501231842j:plain

青を基調にした内装の統一感が美しい…!

好きとはいっても、店を立ち上げるまでの熱量を維持するのは、相当レベルないと難しい。ただただ尊敬します。あこがれるー!

tinyfishcompany.com

すてきな作品が揃っているので、銀座周辺にお立ち寄りの方におすすめです。(営業予定は公式サイトをチェキ!)

デザインフェスタの話

今週から来週にかけて、自分も参加するデザインフェスタtwitter公式アカウントが参加作家の紹介キャンペーンをしている最中なんですが、紹介を見ているとうまい人ばっかりで面白い!

twitter.com

作家紹介をみていると、こんな世の中にデザインうまい(しかも、セルフプロモーションもうまい)人ばっかりって怖いな〜!という気持ちになってきますが、デザインフェスタに限らず世界中におもしろい才能の持ち主いて、自分が知らないだけなんだなと同じイベントに参加することで強く実感できる。

理屈は抜きにして、強さだけで戦おうぜ!! みたいな舞台に心が安らぐ時があります。

ソロの実力勝負の舞台で失敗するのは、自分が能力がないことが明らかで「次もっといいもの作ろうぜ、戦略変えようぜ」を振り返ることができて、シンプルだからかなー。

作るモチベーションの自己分析をはじめると「作ることが好きな自分に酔っているのか?」と自分に対して謎に思うことがありますが、中学生の時に誰にも見せずに20冊くらい漫画書いてたことを考えると、コミュニケーション能力がなさすぎてストレス解消法が作ること以外ないのではないかという気もする。

まとめ

最近「きちんとしなければ」という気持ちのハードルが高くなっていたのですが、アウトプットしないで錆びつくよりは、うまくなくても続けた方がいいなと思い久々に文章を書きました。超うまい人以外は50歩100歩だし、長い目で見れば人類はそのうち滅びるから下手とかうまいとか細かいことだから、やらないよりやって学んだ方がよい。はず。

いつ事故で異世界転生するとも限らないことを考えると、色々勉強しておいた方が俺TUEEEできる確率も上がるはずです(何を言っているかわからない方は、「小説家になろう」で異世界転生設定の小説を読んでください)

f:id:mizi:20190430162852j:plain

どうでもいい話を最後まで読んでくださった方に向けて有益な情報をお送りしますと、塩バターどらやきって製品がギルティフードでおいしいです。

f:id:mizi:20190501193317j:plain

今日訪れたtiny fish companyで購入した豆皿と、ノベルティでいただいた箸置き。世の様々なパッションを見習って、私も頑張ろうー。

性格診断ブーム、襲来! 〜ストレングスファインダーの結果と家族

RPGっぽい文言で性格診断してくれるサービスやろうぜ!とゲーム大好き勢によるLINEグループチャットでにわかにブームになったため、自分も試してみました。

Aは生年月日で導き出している占いで、B,C,Dがユーザー回答で割り出される性格診断ぽい。

2018年に『ストレングス・ファインダー』という強み発見サービス(有料)で個人的に遊んだ結果が残っていて、その時の結果とそこそこ似ている気がしたため性格診断ってもうある程度セオリーが確定しつつあるんだろうなーとか思いました。

個々の性格や資質の差と、コミュニティの組み合わせっておもしろいよなぁと常々思っているので夫氏にもテストを受けてもらって比較してみました。

2018年に受けたストレングス・ファインダーの結果

  1. 着想
  2. 個別化
  3. 学習欲
  4. 活発性
  5. 戦略性
  6. 達成欲
  7. 親密性
  8. 回復志向
  9. 内省
  10. 目標志向

上位に来ているのが常に発揮できるスキルで、下位は意識しないと発揮できないスキル(不得意というより、強さ順位分析をして自分のクセを見ようぜ的な思想のサービスです)

よく効率厨と呼ばれるので、まぁそうかな!という気がします。ちなみに、このサービスを教えてくれた仲良し友人とは、ほぼ同じ結果。

こっちは夫氏の結果。

  1. 規律性
  2. 調和性
  3. 分析思考
  4. 最上志向
  5. 個別化
  6. 達成欲
  7. 慎重さ
  8. 公平性
  9. 目標志向
  10. 責任感

びっくりするほど結果が違う。どうやったらここまで変わるのか知りたい。

同じ要素でも組み合わせで違うよの話

ストレングスファインダーをwebで受けると、アドバイスが細かく書かれたレポートが回答結果に応じて生成生成されます。

上位に他人と同じ要素が来ても、組み合わせで結果が変わるようにできているので説明は結構違ったりしてて読んでおもしろい。うまくシステム作っているなーと感心します。

私の『個別化』の解説(抜粋)

あなたは本能的に、 相手が得意なことを伝えて、何か気づかせることがあるでしょう。 ときに、人の 良いところを探すことがあります。 彼らの才能、態度、成果をいかにありがたいと思っているかを彼ら が実感できるようにしているかもしれません。 人によっては、人生の中であなたと交流を持つことで 成長する場合があります。

夫氏の『個別化』の解説(抜粋)

あなたは本能的に、 時間をかけて観察し、会話を交わした特定の人たちには、支援の手を差し伸べ るかもしれません。 ある程度、個人の独自の関心、才能、制約、経験、目標、知識、スキルを特定する ことができます。 こうした洞察力により、あなたは、個人個人の状況に合わせて、自分の対応を調整 することができるでしょう。

夫氏は「公平性」とか「調和性」「分析思考」が上位に入っているので、私の結果とは違う表現になっているようです。ヘェ〜。

家での役割分担と強み

家事などの運用の改善点を考えて実行するのは私で、運用の最適化を模索するのは夫氏であることが多い気がしています。

デザインフェスタなどの2日にわたるイベント参加で夫氏に手伝ってもらう時だと…初日に私が数字集計を行なって報告し、夫氏が傾向を分析して2日目の立ち回りや接客の工夫の話をすることが多い(つきあいが、いい…)

2人だけの家でも気質や性格の組み合わせで、役割分担や立ち回りが変わるもんやなぁと感じます。ザ・コミュニティって感じする。

ちなみにストレングス・ファインダーを紹介してくれた友人とは思考が激似のためか衝突は少ないが、激似ゆえ二人で同じ見落としをしてとんでもない事件が起こすこともあります。

友人関係においてもパーティ編成による役割分担ってあるよな〜とか考えると、個々の資質の重要性をひしひしと感じます。そりゃ会社で資質診断テスト、しようってなるよなー。

一人で受けておもしろいというよりは、人の結果と照らし合わせて自分の立ち振る舞いを振り返るためのツールなのかもですな。

受けて結果を出すのは難しいですが、人に指摘されやすい欠点をシステムでも言われると「こういうの気をつけよう…」とは思いました…。

性格の謎を追い求めてジャングルへ

個々の資質について考えがちなため、ナショナルジオグラフィックも思わず読んだが面白かった。性格に影響を及ぼすモラルすらも、育った環境や状況によって変わりますよなー。

私はあらゆるインモラルなことは「まあ、他人にダメージを及ぼさず2人が合意の上ならいいんじゃないの」と思いがちですが、獣姦だけは性行為を通して人間に謎の病が蔓延しないか心配になるます。

デジタル耳せんを試すぜ日記

昔から、大人数がいる空間で人がしゃべっているのを聞き取るのがめちゃくちゃ疲れるなと思っていました。コミュ障の極みゆえそうなるのか思っていましたが、人が少ない空間だとグッと楽になる。

耳が悪いんじゃないかなど思い悩んでいたところ『音声の選択的聴取』が苦手なのかも説、音を聴き取りすぎるのかも説などありつつ、耳を取り外して人と比べることもできないので謎のままでした。

同じ悩みの人が、ノイズキャンセリング機能を持ったイヤホンが良いと言っていて気になったので試してみました。

キングジム デジタル耳せん   MM1000 ホワイト

キングジム デジタル耳せん MM1000 ホワイト

キングジム デジタル耳せん 黒 MM2000クロ

キングジム デジタル耳せん 黒 MM2000クロ

ノイズキャンセリング機能付き音楽用イヤホンもありますが、今回はもろもろ考えて音楽再生イヤホンと雑音消しは別のアイテムとして使いたいなと思い、キングジムのデジタル耳せんを購入。

結論

人によって気になる音は違うので、各自の消したい音がこの製品で打ち消せるかは試してみるまでわからないかも…と思いつつ、参考までに自分の感じ方をまとめておきます。

私の感じ方では、電車のアナウンスが聴き取りやすくなって驚きました。

低めの音は打ち消しやすいのか、電車で「ゴワワー」みたいな音がうっすらしているのが消えてアナウンスの意味が理解しやすい。

人と喋っている時に使うのは、喋っている相手の声もやや抑えめに聞こえるのでそこまで便利ではないと思います。周囲の声はある程度抑えられるものの、喋っている相手の声も高さと音量次第ではまったく聞こえなくなっちゃうと思う。

いろんなシーンでの比較

電車


アナウンスが聴き取りやすいのは地味に便利でした。電車混んでると、電光掲示板見えないときあるから…。


工事現場の音は地味に打ち消し率高い気がしました。ものすごく近いと聞こえるだろうけど。

茶店


ザワザワ音が消えるので疲れ度は軽減するものの、目の前の人の声がちょい遠くなるのでお喋り時には不向きかなー。

デジタル耳せんを装着した状態に不慣れなためか、自分の音量のコントロールがちょっと悩ましい。


生き物の発する高い音の打ち消し効果はあまり感じないので、赤ちゃんの泣き声とか猫の鳴き声には効果低いのかなという印象です(弱くはなるけど)

超シュワーって鳴ってる加湿器の音が消えたのはスゲェ!と思いました。

余談

大きな駅に行くと人の声が多すぎて疲れるなーと思っていましたが、デジタル耳せんを使うと「ざわざわ」的な声が静かになって周辺のお喋り音が主になるので、だいぶ楽になると感じました。

同じ場所で家族にも試してみてもらったところ、人混みでの音打ち消し効果は家族は感じないとのこと。気になる音はみんな違うからか、プラシーボ効果なのか。

低めの音を打ち消す効果を強く感じたので、デジタル耳せんを装着してヒプノシスマイクのDivision all starsを聴いたところ寂雷先生(CV速水奨)の声が私には全く聞こえない。すごい。

職場で人の声は聴きたいが細かな雑音を消したい、みたいなケースでも上司がめちゃ低音イケボの場合この製品は合わないということなのか…。でも、上司が寂雷先生ばりのイケボの場合は食い気味で声聞こうとするからこの製品は無用かもですな…。

レゴランドジャパン ホテルに大人だけで泊まったよ日記

f:id:mizi:20181217004239j:plain

2018年にオープンしたレゴホテルに泊まるべく、再びレゴランドに遊びに行きました感想日記です。テーマビュータイプの間取り図を置いてありますよ。

レゴランドは2歳から12歳くらいまでをターゲットにした100%キッズ対象テーマパークであり、ホテルも同じ層を狙っていると思われますがレゴ好きすぎて大人2人で行ってきました。

オフィシャルホテルでテーマパークの延長線のような楽しみ方をする施設なため、一般のホテルより価格おたかめ。ですが、内装に物語性があって、おもちゃ好きにはたまらない空間…宿泊して我が人生に悔いなし。

ご飯は子ども向けと侮っていましたがおいしいし、子ども慣れしたスタッフのホスピタリティが優しい感じの楽しいホテルでした。財力そのままで、子どもになって宿泊したいよ〜!!

★もくじ

エントランスと1F

f:id:mizi:20181217000739j:plain

エントランスにはご機嫌なオブジェが飾ってあります。既に気分アガる。

f:id:mizi:20181217000742j:plain

レセプション前には客が自由に遊ぶことができるレゴの泉。

f:id:mizi:20181217000740j:plain

売店があります。レゴランド内でしか買えない系のグッズが少し置いてあるのと、レゴランドジャパンホテル オリジナルキャラくまちゃんのグッズが売っています。ブリックらしさは特にないけど、従業員と同じ衣装を着ているのはキュート!

ほかにキッズ向けの水遊びエリア(予約制)とワークショップ(予約制)がありますが、大人だけで行ったため割愛します。

2F レストラン&プレイエリア

f:id:mizi:20181217012838j:plain

こういう感じの位置関係で、ビュッフェレストランとアラカルトでオーダーできるバーと名乗りつつ食事やお茶もできるレストランがあります。

2018年現在、宿泊者でなくとも飲食を利用することができておすすめな予感。ビュッフェは朝と夜だけの営業のようです。

f:id:mizi:20181217000741j:plain

レストランのわきにプレイエリアがあるので、キッズが遊んでいるそばの席で見守りつつ食事している家族もいました。

プレイエリア

f:id:mizi:20181217000802j:plain

潜って遊ぶ系のプレイエリアと、大量のブリックで遊べる場所。

f:id:mizi:20181217000801j:plain

デュプロは通常サイズのブリックとは少し離れた場所にあるので、年齢差のある子で奪い合いになることは少なそう。奥にひそかにレゴのコンソールゲームで遊べる部屋もあり、出会ったキッズたちで意気投合して遊んでいるもよう。

f:id:mizi:20181217000759j:plain

外にも遊ぶゾーンがありますぞ。

スカイラインバー

スカイラインバーという名称からホテル最上階にあるのかと思っていましたが、まさかの2F。ですが、レゴによって摩天楼にいる気分になることができる、クスリとできる展示があります。

夜ご飯に利用しました。

f:id:mizi:20181217000755j:plain

アーキテクチャ作品が飾ってあったり、館内においてはちょい大人向けムード。

f:id:mizi:20181217000754j:plain f:id:mizi:20181217000753j:plain

アラカルトで注文できる中にポッチのついたメニューがあります。

ホテルなので高価かなーと思いましたが、けっこう手の込んだ料理でボリュームもあるのにリーズナブルでよきです。味もおいしいし、ギミックのあるメニューがあって大人もキッズも興奮!

18:30に予約を取っていましたが満席でした。スカイラインバーは予約して行ったほうがよさげです。

ビュッフェ

朝食で利用しました。ポッチのついたポテトが置いてありましたぞ。

こちらはスカイラインバーとは違って、ポップでウキウキ度が120%くらいのご陽気テンションです。

f:id:mizi:20181217000757j:plain f:id:mizi:20181217000756j:plain

食べ物エリアのパノラマ絵。

キッズ向けメニューは低い台に置いてあったり、キッズが高い場所の料理を見ることができる踏み台も置いてあって心遣いがニクい。

子どもがメインのメニューだろうなーと思って期待してなかったのですが、大人でも楽しめるおいしい朝食でした。

デザートに置いてあるティラミスが、ちゃんとマスカルポーネチーズ使っていておいしかったです。朝食ビュッフェってホテルによってはコスト削減のためパサパサ食べ物ばっかりになることもある中、頑張っている…。

f:id:mizi:20181217000745j:plain

アレルギー表示のありがたみ。

f:id:mizi:20181217000744j:plain

サラダバーにひっそり置かれたブロックのブロッコリー

f:id:mizi:20181217000743j:plain

パンが充実してておいしかったのと、密かに見守るネズミ氏。

f:id:mizi:20181217000746j:plain

レストランの隅々に、物語を感じるオブジェやアートがあってかわいい。

部屋

フレンズ ビューという一番お手頃げな部屋に宿泊しました。クリスマスイベント中は混むかもな〜と思い、3ヶ月まえくらいに予約したような気がする。

部屋のテーマはアドベンチャーとか、パイレーツとか、キングダム(中世の騎士)とかNinjaGOとかいろいろある中で一番愉快なのではないかという期待によってレゴフレンズを選択。

f:id:mizi:20181217014503j:plain

こういう感じの構成になっていて、同じプランならば同じ間取りの可能性が高いのではないでしょうか。(比率や細かい部分はうろ覚えゆえ適当です)

f:id:mizi:20181217000750j:plain

大人が子ども部屋に泊まれるのか?ということが気になった。

f:id:mizi:20181217000752j:plain

試しに横たわってみました。寝られるけど、ファミリー前提のため大人の宿泊は1部屋2人までなので大人グループでは宿泊できません…。(ベッドが壊れたら申し訳ないので撮影、即降りました)

f:id:mizi:20181217000751j:plain

部屋にトレジャーボックスがあって、謎を解くと鍵を開けるナンバーがわかるのですが私たちが泊まった時は既に開いてました。イレギュラーな大人だけ宿泊だから?

中には通常非売品のちっちゃい組み立てキットが入っていました。組み立てキットはレゴフレンズでしたが、おそらく部屋のテーマに合わせて置くプレゼントを変えているのではないか。

f:id:mizi:20181217000748j:plain

大人が滞在する部屋。床に藁がしいてあるので、馬小屋設定なのかもしれない。子ども部屋はフレンズとのお泊まり設定で、大人は馬小屋なのか。どういう世界観。

f:id:mizi:20181217000749j:plain

レゴムービーみほうだいのテレビ。キッズチャンネルやアニマルプラネットも見られる、やさしい世界。

f:id:mizi:20181217000747j:plain

テーマごとにフロアが別れているのですが、フレンズは8Fだったのでけっこう眺めよかったです。全部屋の窓がレゴランドに向いているわけではなさそう。

まとめ

普通のホテルよりも割高ですが、エンタメ感MAXなので個人的な満足度は高いです。(ちなみにレゴランド・ジャパンリゾートのメルマガに登録していると、ときたまセール情報が届きます)

めちゃ楽しいので、レゴ好きファミリーには確実におすすめなのはもちろん「子ども向けで親子にストレス少なく楽しませるギミック」について子どもを持っていない大人としても発見が多い旅になりました。

ちなみに、ときたま写真に乗せられていた文字の「BFF」はベストフレンドフォーエバーの略です。日本語で言うとズッ友…。レゴフレンズはプリキュアなどの強い日本ではそこまで女児に人気ありませんが、大人からすると「こういう夢を女児に提示するのか!」という観点で見るとおもしろいです。

レゴランド・ジャパンの2018年感想も書きたいので、記事を分けてまた後日!

ヨコハマAI運行バスにのりのり日記

ヨコハマみなとみらいエリアで実験中の『AI運行バス』に乗ってきました。

乗り合いバスサービスで、チケットがわりのQRコードを読むこむと1日何回も乗れちゃう!2018年12月10日まで実験期間中らしく、QRコードは乗車・降車ポイントに置かれた端末の近くで無料配布されています。

乗降場所は決まったポイントだけど、アプリや端末で予約することで希望の時間に来てもらったり、施設から施設に歩き回らずに移動できるのが融通きいて便利なかんじのサービスです。

自動運転ではなく、次行く場所をAIがドライバーに伝える&乗客の乗降記録できるアプリがインストールされたタブレットをタクシーが搭載しています。行く場所を指示するのがAI、乗降記録はドライバーがGUIで行います。

元町ショッピングストリートの端末

チケット(実験中はパンフレットあるいはリーフレット)をゲットしたら、チケットに記載されたQRコードを読み込むことで専用端末あるいはアプリで配車予約ができます。

AIバスを呼ぶのは日付日時指定、当日のすぐ、10分後、1時間後など細かく指定可能。アプリで予約する場合は、メールアドレスの登録が必要になります。

AI運行バスは「バス」を名乗る相乗りシステムになっているので、お客さんを乗せている状態でも途中で「この乗車ポイントに迎えに行ってケロ」のお知らせが入ることもあります。

AI運行バスに乗ってから他の人が乗る可能性がある関係で、到着時間はやや読みづらく時間のある人向けのサービスですね。

赤レンガ倉庫から元町中華街行きてぇ!ってなった時にそこそこ移動距離があるが、土地勘ないと距離感がつかめずクタクタになってしまったり、バスに乗り慣れてないと乗り方わからん問題をAI運行バスによって解決できる気はします。ホテルから出発できるのは、土地勘ない人にはありがたいですな。

ちなみに、現在の実験期間のAI運行バスの乗降スポット。観光系バス、みなとみらい線の駅をまとめてみました。けっこう近いけど、周遊と最短の違いもあるので使い分けになるんだろうなー。

バスは時間指定予約と即来て予約ができるんですが、即来て予約をしたら2分で到着!ってなる時があるので、到着端末から乗車スポットまで遠いと超焦ります。乗車予定時間を30秒以上過ぎると、バスは次のポイントに移動しちゃうみたい。

また、乗車ポイントが地味で見つけづらいパターンもある。乗車ポイントの写真が予約確定状態でないと見られない気がするんだけど、どこかで見られるのかなぁ…。

これはAI…かな…というモヤモヤあって色々書きつつも、みなとみらいエリアをうろうろするには便利なサービスだなーと思いました。12/10まで実験中なので、横浜に観光にいらっしゃる方は試してみてください。乗り合いという性質上時間が厳密なサービスではないので、急ぐ人は別の交通手段使ってくださいね!

ちなみに、シルクセンターに端末が置かれているんですよ!!!!この機会に!ぜひ!シルクセンターにどうぞ!!

デザインフェスタ48参加した日記

f:id:mizi:20181111112336j:plain

カニとキーウィグッズの店、アフタヌーンかにタイムでデザフェスに出展してきました。夏に小規模バージョンに参加したことはあったものの、本格規模のデザインフェスタへの参戦は初でKO-FUNしきり。

4500ブース枠がある広大な会場で、カニとキーウィを見つけて、連れて帰ってくれる人がいるってすごいことですわ。

f:id:mizi:20181110141219j:plain

クリエイターの数だけ作品があり、その作品を好きになってくれる人がおり、この広大な宇宙(そら、もとい会場)デザインと人がめぐりあう奇跡よ…!

f:id:mizi:20181111164200j:plain

多くのクリエイターがひしめく中でただ作品がうまいだけで人に見てもらうというのはとても難しく、特色やプロモーション力も問われる。自分の作品がどこで喜ばれるかを知るきっかけとしても、イベント参加ってあらためておもしろい!と感じました。

組織所属でクリエイターをやっていると分業して予算管理とかプロモーションをするので、文句言いつつも自分の得意分野に集中することができます。一人で作る活動をすると「いきがっていたが、一人では無力!」と無人島に漂流した気持ちになれて楽しいです。

今回はカニというキラーコンテンツがあって無名な人間としては意外なほど多くのお客さんに手に取って頂けた印象ありましたが、それはカニの実力であり私の実力ではないということを肝もといカニミソに命じておこうと思います。しっかり励めよ(カニからのテレパシー)

f:id:mizi:20181113000945j:plain

何書いてるかよくわからなくなってきたけど、とにかく楽しかったです。見にきてくれた方、作品をお迎えしてくれた方、カニ!と指差し確認して去っていった方、ありがとうございました!

また色々作っていきたいです。