人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

なぜメイクは炎上しやすいのか日記

化粧品メーカーのCMが2016年10月、2017年6月あたりにインターネッツ界の一部で炎上した記憶があって、なんでそんなにしょっちゅう燃え上がるんだよと思った。

いろいろ考えたが、メイクをしんどいと思うよ派が世の中の少なからずいて、いまどき女性だからってだけで強要してくれるなよという話なのかもしれない。そう仮定すると、わからんでもない。

私もメイクは近年は嫌いではないが、昔はやりかたを知らないし、人にあれこれ言われるのでめんどくさかった。

他人のアイラインのひきかたが美しくないことを「ありえない」と批判する人を見て、めんどくさいのでメイクしたくないと思っていた。着物ポリスがめんどくさいので、着物を着たくない心理といえばいいだろうか。あれこれ言われるなら、全裸で歩いて逮捕された方がいいくらいの気持ちだ。

ただファースト離婚後に、やけっぱちになってメイクしてみたら意外と面白かったので、その後も自分の生活に定着した。技術がないのでメイク好きの人が見たら批判のタネかもしれんねと思うが、他人のためにやっているものではないのでご容赦いただきたい。

人にあれこれ言われるので、やりたくない行為

他人にどうこう言われるのがめんどくさくて、取り組むことが嫌になる行為って色々あるような気がしている。料理もそのひとつではないだろうか。

料理の話をすると達人がどこからともなくやってきて、こうしないのはダメと強く言い始めてしまう時があるが、生で豚肉食べるとか健康に害があるケース以外は、ノールールで自由にやらせたれよと最近思う。

料理もメイクも、何回かやってみてそれぞれが自分なりの面白さを見つける行為だと考えている。自分の手に合っているやりかたを、好きにやればいい。

私個人の感覚として、料理もメイクも行為自体に意味はない。「この行為は美徳」という価値観が、取り組む側を苦しめがちな気がしているので、やってみて面白かったら継続すればいいんじゃないくらいの気持ちなのだ。

なぜポリスは生まれるのか

ここまでメイクどうでもいいじゃん話を書いておいてなんだが、他人が醜いことが許せない党も世の中には存在する。

私は他人の顔を覚える能力がないので、良くも悪くも容貌に無関心だ。私とは逆に人の顔をすごく記憶できる人がいて、そういうスキルを持った人にとっては他人のメイクは重要なのだと思う。人の顔がよく目に入るので。

料理に関しては他人がキノコを洗おうが洗うまいが、クックドゥを使おうが使うまいがどっちでもいい。そのため、なぜポリスが発生するのか謎に感じる時がある。

自分の行為が正しいと言いたくなるときが人にはあって、その瞬間にポリスが誕生するのかもしれない。たとえば一汁三菜を30年守ってきた世代が、一汁でいいんじゃない?と世間が言い始めたのを聞いてイラっとすることもあると思う。

一汁三菜派は自分が大切にしていたルールを否定された!と感じて、一汁オンリー派と言い争いになることもあるだろう。大半の人にとってはどうでもいいことだが、どうでもいいって言った時点で激怒だと思うので気をつけろ!地獄の業火に焼き尽くされるぞ!

と、書いていてロマサガ3で「じごくの壁」ってやつらいたな、と唐突に思い出した。難しそうなファンタジー単語は全部ロマサガメガテンが教えてくれた。

私も気づかぬうちにポリスしている時がきっとあると思うので、他人のモチベーションを割かないように気をつけたい…。言い方次第、という時もたくさんあると思うので。

メイク魂に火をつけろ、というキャッチコピーは、こういう時代を予言していたのだろうか…。

読書感想:ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる

ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる (ShoPro books)

ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる (ShoPro books)

位置情報が観光や遊びを変える世界を目の当たりにして、これはすごいな…と思ったので、せっかくなので2017年7月に発売されたポケモンGO開発者の自伝『ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる』を読んだ。

31歳で自伝書くって早くない?と思ったが、大きな仕事を成功させて、その記憶が変化しないうちに生っぽい形で書いているのはよい気もする。

私がいま小学生だったとして、この本を読んだらナイアンティックに入社することを志したと思う(不出来なので思うだけだけど)。作ること、仕事に夢や情熱を傾けていることがストレートに感じられる、いい自伝だった。

何に興味を持って、どんなふうに作ることをステップアップしていったのか、作ったもののロジックはどんな風になっているのか書かれていて、自分が子どもなら読んで夢中になる内容だ。中学生とか高校生とか、自分のやりたいことを模索する年齢の子に読んでほしい。

35歳の自分が読んだ気持ちとしては、著者が夢をつかむことができてよかった…とほろりとした。最近涙もろいので、色々ありつつ大人になって元気にやっている、みたいな話だけでも泣いてしまう。成功しても人生は続くが、作ることを愛したまま幸せに暮らしてほしい…。わんぱくでもいい略。

著者のように特化したスキルがあって、やりたいことと結びつく時の運を持っているのはとても羨ましいなー!とものを作ることが好きな人間として思ったけれど、でも、それは運だけではない。

自伝の中であるプレゼンが気に入られて仕事を任された、というくだりがある。

情熱を人にいつでも語ることができる準備があって、人を惹きつけることができる人はチャンスを掴むことができるのだと思う。(面白そうと思ったら、人に見せられるプロトタイプをすぐ作ってしまうフットワークの早さもすごいし)

やりたいな〜と語っているだけではなく、手を動かして「もっと早くやっておけばよかったな」と後悔しないようにしたいなぁとこの本を読んで思った。サクセスとは程遠い人生だけど、サクセスしないなら作るのをやめる、という風には私には現在は※できないから。

※一般的に加齢によって、作りたい欲は少しずつ減っていくものと聞く。そのうち私にもフッと動物への愛が消えるみたいな瞬間が訪れるのかもしれない。

Maker Faire Tokyo 2017 出展の日記

土日にものづくりイベントmaker faire tokyo2017に初出展した。失敗したけど、参加できてよかったなーというとりとめもない話を書き留めておく。

自分のブース

高い技術力、新しいテクノロジー、情熱、とんちきなアイディア…いろんなものがごっちゃになっていカオスで、「自分ももっと作りたい」と思わせられる良いイベントだった。

無線通信を前提とした作品を作ったが、通信機器が会場にあふれていたために当日作品が動かないという痛恨のミスを犯して白目になっていた。
それでも、これってどういうものですか?と説明を読んで聞いてくれる来場者がちらほらいて、作り手へのやさしさに泣いた。

話とは関係ないが、sonyの新製品!

イベントは2日間開催されて、1日目の夜に参加者懇親会が開催されたので参加してきた。私はもともと過剰にシャイで人と喋るのは得意でないし、ロボっぽい開発者の知り合いもいない。
だが、だからこそそういった開発者が集まる場に行ったら得るものがあるかもとやる気を出して参加した。

懇親会は、わりとそれぞれ顔見知りのようだった。私は人の輪に溶け込むことができず、壁と同化する勢いでひとり静かにカレーを食べた。なぜ、人見知りなのに私は来てしまったのか。せっかくだから、肉を食べよう。そしてあと10分でこっそり帰ろう。

そう考えてフライドチキンを取って自席に戻ったら、他の参加者が座っていた。エンジニアの父娘コンビだ。ヤング(以下ヤング氏)が開発しているのを、ファーザー(以下ファーザー氏)が見守りつつ助言、という開発体制だった。

せっかくなので同席したヤング氏とお話しさせていただいていたら、ヤング氏の作るの!好き!というまっすぐな熱意が伝わって来て涙しそうになった。よい…来てよかった…。チキン食べてる場合じゃなかった…。

つくる才能

情熱があって、それを人に伝える形にできるって既に才能なのではないかなと最近考えていた。今回のイベントのような、仕事ではなく誰かに頼まれたわけではないものを作り続けるって人間なかなかできない。

日々忙しいし、こないだ発売したドラクエだって遊びたい。それでも、作らずにはいられないという時点で才能のひとつなのではないだろうか。

ものを作るっていくつか才能があって、根幹となる技術以外にも

  • 人とコミュニケーションを取って協力を得る能力
  • うまくいかなかった時に、折り合いをつける精神力
  • 批判に耐える精神力
  • 体力
  • 次の目標を決めるセンス
  • 継続する執念
  • 作ることを面白がれる気持ち

とかある気がしている。

これはものを作る以外にも、スポーツでも同じではないだろうか。50%くらいモチベーション、メンタル管理で、30%はコミュニケーション能力があることで大成している気がしている。(天才はスキルだけでそれら全てを凌駕したりもするが)

私は作るのは好きだが、コミュニケーション能力に欠けているし、心も桃と同じ程度のやわらかさだ。そのため、クリエイターとしては雑魚だ。

だが、その時話をしたヤング氏は技術をみることはなかったものの、クリエイターを惹きよせる熱意とコミュニケーションスキル、継続するパッションを持っていた。これは、才能だよなぁとしみじみ。うらやましい!ムギー!

ファーザー氏はFORTRAN言語の使い手で、さまざまな話をしてくださってそちらも面白かった。経験あるシニアエンジニアの話を伺うと、扱う言語は異なってもプログラムに必要な基礎能力が変わらないし、 能力の高い人なんだなーというのが感じられる。

ヤング氏はいい師匠を持ったんだなぁ、としみじみした。

今回の大反省会

私はセンスがないしメンタルも桃くらいのやわらかさで、クリエイターとしての才能はない。

桃メンタルゆえに、今回ちゃんと作れなかったのはあの人が××してくれなかったから、のような言い訳をすぐ考えてしまう。ディレクターが、プログラマーが、デザイナーがちゃんとやってくれなかったから!理解してくれなかったから!

でも本当はそれは言い訳で、私が単に無能なことの割合が多いはずなのだ。というか、他人のせいで作れないなら、ひとりで作ればいいのだ。他人が思い通りにならないのは、他人は自分とは違う人間で、当たり前なのだから。

と、いろいろ考えてひとりで作った作品は会場で動かなかった。想像と準備不足だったし、自分の責任すぎて清々しい。ちゃんと、自分のダメさを自分につきつけられてよかった。

才能がなくても作ることをやめられないし、ほかのクリエイターを見てつくづく羨ましい。いやいや、私ももっと頑張ろうよ!と自分を叱咤するきっかけになる、いいイベントだった。

かわいそうだと思われたくない日記

前回書いたが、膝をブレイクしている。今年は様々な事件が発生していて、次は膝!おまえか!みたいな気持ちで面白くなってきている。今年の私もわりと哀れなのではないだろうか。

と、病院の帰り道に考えていて、下記のはてな匿名ダイアリーを思い出した。

最近よく聞かれる悩みを書いた内容ではあるのだが「かわいそうだと思われたくない」という表現にハッとさせられた。

助けて欲しいが哀れまれるとつらい、というのは言語化しにくい感覚な気がしている。

哀れまれたくない気持ち、共感できる。そもそも、かわいそうなので五億円渡す、くらいの気概が言う側に欲しい。
五億円あれば問題を完全解決とはいかずとも、一般市民ならそこそこ金額のでかさに面白くなって楽しさが得られるはずだ。渡す側もダメージが大きいので、軽い気持ちでかわいそうとは言えない。憐れむか否か、熟考する様になるのではないだろうか。

かわいそうだと思われたくない3つの心理

考えてみると、かわいそうと思われたくない気持ちには自分は3パターンある気がしてきた。

  1. 問題を解決できず困っている人間だと見られたくない(シャキッとした自分でいたい)
  2. 相手のことを自分より格下に認識していて、そいつに言われたくない
  3. 5億円欲しい

全ての答えが出た気がする。

上記のエントリに関してはさらに加えて

  • 私は平気だよ(おまえの我慢強さは聞いてねぇ的な)
  • うちはこういう環境なので困ってない(他人の自慢?)
  • こうすればいいんじゃないの?(助言)

を言われる可能性もあり、それも余裕がない精神状態においてはムカつく感じになる気がしている。ここでも黙って五億円の出番だ。

自分が嫌だった「かわいそう」とか

小学生の時に父親を病気で亡くしたが、親戚が「かわいそう」と言うのはいいが、こうしたらよかったのにと言い出すのには辟易した。やれることは全部やったに決まってるだろ、と。あと、もう死んでるから手遅れだ。

ただ、幼い子供を持った父親が亡くなるというのはわりと窮地であり、親戚も絶望的な状況すぎてコメントできることがあまりなかったのかもしれない…と最近は思う様になった。

私も子育てをしていないので、子育ての悩みを人から聞いても、ろくな事が言えない。経験がなく理解できないが、大変そうなので何か言わねば!という迷走の末のコメントだったのかもしれない。

共通の問題を抱えている当事者どうしでも、価値観の違い、ストレスを感じる部分の違うでわかりあえないほうが多いのではないかと思う。難しい。

 自分自身の理想像

私も「こう見られたい」という自分自身の理想像があり、IQ600に見られたい。
何を言っても相手が勝手に深く受け取ってくれるとラクなので、天才っぽく見られるような振る舞いを常に考えているものの、メガネとビーカー以外の小道具がまだ思いついていない。

現実的には私のIQは600ではないし、膝の骨も外れそうだからかわいそうだよ!ごっおくえん!ごっおくえん!場内に響き渡る五億円コール。アリーナ〜!!!

優先席と最弱決定戦日記

最近膝が悪いので、公共交通機関の優先席に座った。

なんらか手術を秋に控えたりしつつも、歩くには歩けるし杖もついていない。見た目には元気そうだし、気持ち的にも女子高生くらいの浮かれ具合を保っている。そのため、目に前に立つ老人に鬼の形相で睨まれて焦った。YABAI。

膝が悪くて!と釈明すると周りの乗客にプレッシャーを与えるし、ここで膝の悪さ加減をプレゼンし、老人と最弱決定戦を繰り広げても誰も喜ばない。さぁどうする!と思い悩んでいたら他の席が空いてそっちに座ったので、ことなきを得た。

他人の苦しみを理解するのは難しいので、他人がラクをしているように見えて腹立たしい時がある。でも、他人が何に苦しんでいるか、どのくらいの苦しみなのかは想像しきれないものだな、と身にしみた出来事であった。老人もあと3秒でリバース&気絶しそうなコンディションからの、鬼の形相だった可能性もある。

世界の見え方って、自分の置かれた環境でまったく異なって見えるし、以前まで見えていた世界は新しい見え方で上書きされて失われてしまうのではないだろうか。

自分以外のことは知らないから、世の中は私を一番優遇してくれくらいの気持ちに徹することができたら、様々なことに思い悩まずに済むのだが。チキンだから優先席ひとつで色々考えちゃうんよ。

【共感の嵐】他人が考えが浅いと考える日記

絵がある方がいいけれど、話の内容を絵にするには抽象的で難しかったので私の好きなエビフライを描いた。

昨日キーウィとウナギの話を書いたが、インターネット界の論争を見て考えていることがある。いわゆる「私にいい考えがある」だ。

人間は人の意見を聞いて「間違っている」と思った時に、相手を愚かだと思いがちだ。浅慮(考えが浅い)であると考える。

たとえばわりと豊満わがままボディの人が断食ダイエット最高と発言した時に、こいつ何言ってんの?と私は即座に思う。数日断食するより、長期的に食べる量をコントロールした方がいいのではないか?と考えるのだ。

だが、豊満わがままボディの人も運動は時間が取れず向いていないとか、多忙ゆえストレス解消に食べることはやめられないとか、断食して苦しいと生きているって感じがするから挑みたいとか、様々な事情を踏まえて自分なりの結論を出した可能性が高い。

各自それぞれの理由があって結論を出している状態なので、それらを自分が正しいと思う情報を渡して考え方を変えさせるというのは、たぶんほとんど無理だ。

むしろ、自分なりに考えていることを考えが浅いと否定している!と反発して、意見を硬化させると思う。

相手がどういうロジックでその結論にたどり着いたのか?が見えない、共感しづらい時に他人と衝突してしまうが、インターネットの文字情報だけで他人の信念やロジックをはかるのは難しい。特に私のような、言葉をうのみにするタイプは他人の言うことはネットに限らず言外にどんな意図があるかわからないまま、相手に渡す情報を考えてしまう。

きのう私はキーウィとウナギの話を書いたが、実はそこまでウナギ愛ではない。魚類好きには申し訳ないがウナギに対してはキーウィほど執着していないので、他人が食べても怒ることはない。

そういったキーウィが好きなだけという姿勢を昨日のテキストだけから読み取るのは難しいと思うし、テキストを読んで逆にウナギ原理主義者なのか?と感じた人もいるのではないだろうか。

話が散漫になったが、みんな自分なりに考えて結論を出しているし、そのロジックや温度を推し量るのはインターネットでは難しい。思想の異なる人の論破を目指すことは困難という話だった。
インターネットで自分の考えを放流することが一般的になって、それぞれの主張がぶつかり合うところを見ると意識が遠のく瞬間がある。

でも、インターネット以前から人間はそれぞれの主義主張を持っていたと思うし、単に可視化されただけなのだと思う。

可視化されてさぁどうする?みたいな中で、自分がどういうスタンスで生きるのかを考えるきっかけができるのは、いいことなのかもしれない。

キーウィ愛と丑の日と多様な観点についての日記

キーウィというニュージーランドのみに生息する鳥が子供の頃から好きだ。

キーウィは飛べない鳥のため、人間に食べられたり外来種である猫に食べられたりで絶滅危惧種に指定されている。そのため、2017年現在では日本の動物園等にはおらず、ニュージーランドに行かないと生身のキーウィ氏を見ることができない。

ニュージーランドは日本発の飛行機の便数がそんなに多くなくて行く機会を作れず、私はまだ生キーウィ氏を目にしたことがない。

ひとめ生キーウィ氏を見たい欲求がある自分としては、ウナギ絶滅しそう話が他人事に思えない。いや、私はウナギではなく一応人間なので他ウナギ事ではある。

ウナギめっちゃ好きなのに、絶滅して生きてる姿みられないのかよー!と憤る子供が未来に生まれると申し訳ないので、少し前から食べ控えていたのだ。

そもそも、ウナギへの愛が薄いのかもしれない。19歳までドヨウノウシノヒは土曜日と信じていたし、昨日が丑の日であることも22時くらいに気がついた。

そして、ウナギ不買運動がインターネットで燃え上がっていて動揺した。みんなそこまでウナギを愛していたとは胸熱!と一瞬思ったが、あまりに食べるよ派と不買派がバーニングしていた。

この炎上に踏み込むとめんどくさそうなので、ウナギについては黙っておこうと澄んだ目で決断した。意見の強い人がいると、自分は黙ってていいような気がしてくる卑怯なタイプなのだ。

  • ウナギを食べるのが好きな人の観点
  • 生物好きの観点
  • ウナギを売るお店の観点
  • 日本の文化を守る観点
  • キーウィが好きなためにウナギの心配をする観点

世界の多様性をかみしめつつ、蒲焼きさん太郎をかみしめたい。

ちなみにキーウィは見た目のキュートさも有罪レベルだが、wikipediaの「マオリ族の寓話」というエピソードがグッとくる。忠義者なんだよこいつは!

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/キーウィ_(鳥)