人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

リハビリ・算数・自分の課題の日記

f:id:mizi:20170218224905j:plain

膝のリハビリや筋トレしていると痛感するのが、勘所のない分野は自分の課題が見つけづらい。自分ができていると思っていたことができていなかったり、その逆もあり。

「自分の課題を見つけづらい」は体を動かすことに限らない。大人になると「もうできてるでしょ」前提になってきて、なかなか人に注意されなくなってくる。

f:id:mizi:20170217094807j:plain

誰にも注意されないとできている気になってくるが、実際はできていないけど周囲が注意しづらい状態になっている…という可能性もある。

まったく逆に、本当はできているけど人から注意されすぎて、できていないと思い込んでいるケースもある。なかなか自分の能力をレビューするのって難しい。

算数苦手な話

私は算数がマジで苦手で、周囲の人と比べて自分ってきっとバカだからできないんだろうなぁと思っていた。

が、近年になって算数の何が苦手か、もうちょっと整理してもいい気がしてきている。

ルールに疑問を持っちゃうよ問題

まず、幼少時は時計の読み方に挫折していた。 普通の数字は10で繰り上がるのに、時計は60秒、60分、24時間(しかも12時までが2バージョンある)って意味わかんなすぎねえ?と混乱していた。

意味とかどうでもいいからとにかく覚えろシリーズだったと思うのだが、ルールが理解できないと使えない融通のきかなさのゆえ困っていた気がする。

計算の経過忘れちゃうよ問題

iPadはなぜかプリインストールアプリに計算機がなくて、計算機+という個人制作のアプリを使用している。

このアプリを使用していて気がついたのが、計算の履歴が見られると考えるの楽だなと。

短期記憶が弱いために直前まで考えていることを忘れてしまって、今なぜこの値を使っているか忘れてしまうので計算で混乱している気がしてきた。そうなると、計算の経過をこまめにメモっておくという習慣をつけられていなかったことが弱点のひとつではないだろうか…。

算数の苦手さからみえること

算数できない問題については、あまりのできなさに恥ずかしくて苦手意識がMaxだった。辛いので考えることすら避けていたのだが、ただひたすらに「できない」と思って課題を分解できていなかったなぁと思う。

おそらく、まじめに取り組めば課題をもっと分解してこまかく改善していけるのではないだろうか。やりたくないけど!

人からレビューされること

自分のキッズ時代の算数できない問題については、多くの先生がさじを投げていたし同級生からバカ扱いされていた(なぜなら100点満点のテストで8点とか取っていたため)

小学3年のときの担任の先生だけは「やればできるでしょ」と言っていて根気強くつきあってくれていたが、みんなバカでできないって言うし、やっても辛いなぁと思っていた。

が、今になって思うと他人の評価を信じて諦めたのはもったいなかった気もする。できないなりにも、取り組んで楽しめればよかった。

他人の評価を聞いたうえで、自分のできないことをもっと分析しなければいけなかったんだろうな〜とリハビリに取り組んでいて思う。

理学療法士やスポーツトレーナーはプロとして体の使い方の課題を指摘してくれるが、それが自分にとって妥当かとか、その課題に対して日々の中でどう挑むかは自分で飲み込んで考える必要がある。

大人になると色んなことを「できている」と慢心してしまうけど、体の使い方に限らずさまざま自分の課題を検証せんとなぁと思ったりだった。大人になると人に課題点を指摘してもらえるとは限らないし、一生PDCAですなー。

この人の筋トレの動画、注意点めっちゃわかりやすくてよい。

かにタイムなぜなにコーナー

f:id:mizi:20180930003523j:plain

最近趣味でカニグッズをデザインして作っていますが、カニについて2回以上人から聞かれたことをまとめました。

f:id:mizi:20180917120415j:plain

なぜなに基本編

アフタヌーンかにタイムって、なに?

2018年から勢いではじめた、ぴっちょね氏とわたくしMizupoのデザインユニットです。私はカニとキーウィのグッズを作っています。

あんまり更新していませんが、活動報告や通販ページはこちら。

http://afternoon-kani-time.shopinfo.jp/

なぜ「アフタヌーンかにタイム」というサークル名なの?

2018年、デザインフェスタvol.47をぴっちょねと見て、私たちは帰りにサイゼリヤ 有明フロンティア店に入店しました。

プリンを食べながら「こんなに楽しそうなのに、自分たちはなぜ参加していないのだろうか」と語り合い、その場のテンションで夏デザフェスに抽選申し込み。

海産物はみんな好きなのでテーマをカニに決定。女性はアフタヌーンティーが好き!という盲信によって「アフタヌーンかにタイム」というサークル名が爆誕しました。

アフタヌーンティーでカニを提供するレストランがあることで、サークル名で検索してもまったくサイトが上位に来ません。おもしろいからいいと思う。

ぴっちょねは何を作っているの?

一緒にサークルを立ち上げたぴっちょね氏は、主にアクセサリーと革小物を作っています。あとスプラ2とマイクラの話をずっとしている。

リアルイベントではぴっちょねの作品を頒布しています。チェキ!

なぜ作品の価格は高いの?

小ロットで作っているため、一個あたりの単価は高くなっています。
たくさん作れば単価は下がっていきますが、世の中にカニとキーウィが好きな人はそんなに多くない。これからに期待ですね。

儲けを出すために価格設定していませんが、作るときに必要な経費が原価にうっすら上乗せされています。極端にマイナスになると、趣味として続けることが難しくなってしまうのです。

f:id:mizi:20180917120256j:plain

なぜなに個人編

なぜカニとキーウィなの?

カニが好きで、世の中にグッズがあまりなかったので自分で作ろうと思い立ちました。カニはフォルム的にアイコニックで好きなのと、おいしいのと…。

ファースト離婚のさいに、同僚にお疲れ様会として連れて行かれた「かに道楽」の座敷でおいし悲しくて泣きました。
現在は笑ってカニを食べられるくらい元気になったのですが、カニを見ると「かに道楽」で泣きながらカニを食べたことを思い出します(当時、優しい同僚に恵まれたことを今でも感謝しています)。

キーウィは鳥類最強のかわいさでありながら、グッズをあまりみないため人気を高めたくて作り始めました。詳しくはyoutubeでkiwiで検索してください。

どんな基準で作るものを決めているの?

形にしたらおもしろそうとか、単純に描きたいと思ったとか、好奇心です。おもしろいのが、一番大事!!

鞄って作るのやめちゃったの?

ガッツリ鞄縫っていたんですが、2017年に膝の手術を受けてしんどい時期があったので今はやれていないです。今は作りやすい範囲の小物にとどめているという次第。

いつ作っているの?

朝と夜、あとオフの日です。

どんなツールで作っているの?

イラストはiPadProでProcreateで描いたのちに、MacbookProでPhotoshopillustratorを使って清書しています。

なにをしている人なの?

IT系で広義な意味でのデザイナーで、今はフリーランスで色々作って仕事をしています。サークル活動は趣味です。作るのことが好きなのと、作っているうちに得た知見を仕事に生かすこともままあって楽しい。

グラフィックデザイナーではありませんが、「お前…面白い女だな、よし俺の仕事をやろう!」という方はサイトの問い合わせフォームよりご相談ください。

http://afternoon-kani-time.shopinfo.jp/

キーウィグッズ作ったよ日記

f:id:mizi:20180925004136j:plain

前回宣言した通りキーウィグッズを作りました。

f:id:mizi:20180925003526j:plain 便箋とカレンダー。

f:id:mizi:20180922162804j:plain ポチ袋

f:id:mizi:20180922164600j:plain メモ帳

せっかく作ったので、原宿のデザインフェスタギャラリーの壁で9/30(日)18時まで展示販売しています。カニとキーウィが好きなアラブの大富豪が原宿に観光に来て、「お前、おもしろい女だな…」って言いながら買い占めてくれるのを期待しています。(ちなみにギャラリーに私はいません)

デザインフェスタギャラリー原宿のページ

f:id:mizi:20180924233339j:plain ブローチもゴニョゴニョ試作してみています。

去年膝をブレイクして手術し、人間いつやりたいことやれなくなるかわからないし、日々精一杯生きようと思うがあまりに作りすぎている感があります。でも通りすがりのアラブの大富豪が略。

新しく作ったアイテムの通販もやるぜ!と思いつつ、写真撮るの得意でなくて後回しにして数ヶ月が経過しています。時の流れが早すぎてもうだめだ。

キーウィ氏に魅せられて旅日記

幼い頃からキーウィという鳥が好きだが、実物を見たことがなかった。 この夏、好きな気持ちが高まったので日本で唯一キーウィ氏を展示している天王寺動物園に行ってきた。

f:id:mizi:20180903013146j:plain

映像で見て知ってたけど、実際見るとでかい…と感動した。

ずっと地面掘りモーションをしていて、5分見ていても地面掘りオンリーだったため30分おいて再度見たら首の角度が変わっただけでまだ地面を掘っていた。キャワワ。

調べたところ天王寺動物園のキーウィ氏はご高齢らしい。ずっと地面掘りモーションを繰り返しているのもいたしかたなし。

youtu.be

改めて調べると、本気を出すとちゃんと走れるらしい。

youtu.be

ますますキャワワ。

日本におけるキーウィ氏の聖地、天王寺動物園にはキーウィ氏のグッズが大量にあるのでは?と思って万札をにぎりしめて売店に行ったら、ぬいぐるみしかなかった。

神奈川県のズーラシアオカピがいるだけで正気とは思えない量のオカピグッズを作ってしまったのに、キーウィ氏…!

f:id:mizi:20170708182843j:plain

阪急ブリックミュージアム

f:id:mizi:20180901130104j:plain

大阪にせっかく行ったので、梅田で阪急ブリックミュージアムも見に行った。日本唯一のプロビルダーが作った作品が展示してあるのだ!

f:id:mizi:20180903013008j:plain 福男のあれ。

f:id:mizi:20180903012903j:plain ストーリー性!

f:id:mizi:20180903013038j:plain 新作の宝塚劇場も素敵。

作者でプロビルダーの三井淳平氏による作品紹介がモニタで流れていて、今の若い人に贈る言葉として「スクラップアンドビルドで失敗を恐れずに、とにかく挑戦しようぜ(意訳)」な話をしていてよかった。

旅の終わりに

私も失敗を恐れずに、キーウィグッズがあんまりないなら自分で作ろうと思い立った。2018年11月10日、11日のデザインフェスタに向けて頑張りマウス(通販もするよ)

f:id:mizi:20180903013122j:plain

キーウィグッズが5万個くらい売れたら、ニュージーランドに行ってキーウィ氏がしきつめられた風呂に入りたいと思う。

サンドイッチ屋と洋菓子の日記。

f:id:mizi:20180818144424j:plain

いっぱい書きたいことあるが、最近バタバタしていて書けてなかった。

ブログの更新を誰に求められているわけでもないが、書くのは楽しいし、一人でものを作る鍛錬も続けたいという気持ちがあるから地味かつマイペースにやっていきたい。

横浜スタジアム近く サンドイッチなお店

f:id:mizi:20180818124810j:plain

というわけで、行ったことない場所に飛び込んでみようシリーズで横浜スタジアムから徒歩5分くらいのところにある、サンドイッチなどを出しているMARCY'Sに行ってきた。

f:id:mizi:20180818125312j:plain

サバサンドのおいしみ(この日は夫と一緒に行って、たまごサンドと半分こした)。添えてある魚の南蛮漬けもおいしいし、パンもしっとりフカフカでサンドイッチにぴったり!おいしー!

f:id:mizi:20180818124756j:plain

店内にめちゃかわいい絵がたくさん飾ってあって、ハルナチコという夫婦作家の作品であることを教えていただいた。

f:id:mizi:20180818130559j:plain

ウヒョーかわいい!

f:id:mizi:20180818124835j:plain

ウヒョーーーかわいいーー! すてきだー。

ハルナチコさんは銀座で個展を年に1回開かれているという情報を得たので、今度行ってみたい。

MARCY’s

つなぎなしの肉肉しいハンバーグサンドが看板メニューぽいので、次挑戦してみたい!

海沿いの洋菓子屋さん MAKOON YOKOHAMA

MARCY'Sに洋菓子店のショップカードが置いてあって、おいしいですよーと教えてもらった。せっかくなので洋菓子店MAKOON YOKOHAMAに立ち寄った。

f:id:mizi:20180818131950j:plain

何度か前を歩いているけど、地下だし知らなかったー。

めちゃオシャンなお店で、この日は生菓子はなかったので焼き菓子を全種大人買いしてみた。人気で売り切れている時が多い時が多いと聞いた。

f:id:mizi:20180818133849j:plain

めっっっちゃくちゃ美味しい。なんだこれは。 奇をてらったものではなく、ベーシックな焼き菓子なはずだが本当においしい。もはやこわい。

世の中まだまだ知らないおいしいものあるな〜!とマジ感動した記念日。いろんなお店があって、いろんな人の仕事をみるのは楽しいしリスペクトな気持ちが湧いてきて、刺激になるます。

初体験!シルクスクリーン作業場 SURUTOCO(スルトコ

f:id:mizi:20180620235041j:plain

SURIMACCA(スリマッカ)というシルクスクリーンを手軽に楽しむことができるキットがあるんですが、製品を体験できる作業場に行ってきました。たっのし〜。

f:id:mizi:20180620154408j:plain 入り口

小学校の図工室っぽい。

f:id:mizi:20180620114159j:plain 全景

SURIMACCA(スリマッカ)の作業場は現在大阪と東京品川の2箇所にあって、東京の「SURUTOCO(スルトコ)」は2018年現在予約制。

私は平日に行きましたが、わりと混んでいました。各地にできたら学生やアート系のひとびとで盛り上がる系施設の予感。

受付で名乗ってUSBメモリに入れた原稿を渡すと、シルクスクリーン用の製版を5分くらいでしてくれます。はやい。

f:id:mizi:20180620235038j:plain 原稿作り

私はaiデータを持っていきましたが、ペンで書いた原稿でも加工してもらえるようです。詳細はSURUTOCO(スルトコ)の利用方法を見ると吉です。

f:id:mizi:20180620154345j:plain インク

データの確認をしてもらっている間に、使いたいインクを選びーの。 インクは混色できるみたい。

f:id:mizi:20180620114209j:plain 素材

刷りたいモノを選びーのします。2018年6月現在、素材は持ち込みも可能。たくさん素材があるので、何作るか考えるだけでもわくわくします。

f:id:mizi:20180620114125j:plain パーツ組み立て

SURIMACCA(スリマッカ)の特徴は枠がレゴみたいに組み立てられるところ。長く使うのではなく、いろいろ実験してみたい人には扱いやすくていい。なによりかわいい。

f:id:mizi:20180620125117j:plain 刷り刷り

というわけで刷ってみました。

f:id:mizi:20180620210129j:plain できあがり

おわり

けっこう失敗しましたが、おもしろかった。キットを買って家でもやりたい!

コツ1:段差に気をつけろ

f:id:mizi:20180620235039j:plain

最初勘違いしていて、板の存在に気がつかなかった…。

コツ2:多色刷りは位置を効率よく探せるように

f:id:mizi:20180620235040j:plain

複数色で刷るときは、ズレないようにマステで場所を決めたり、クリアファイル的な半透明素材を使って位置の検討をつけられる。なるほどな〜。

物理の素材を扱うのは、ミスして「あーこの説明はこういうことかー」って痛感するのおもしろいですね。泣ける。

f:id:mizi:20180620154329j:plain

ちなみに、金属素材に対してもシルクスクリーンを使うことができるんだとか。知らなかった…。

f:id:mizi:20180620154334j:plain 金属にうつせるぞい

f:id:mizi:20180620154322j:plain キット売ってるよ

http://surimacca.com/

シルクスクリーンって美術系の学校に行った人が使うイメージがあって憧れていたので、体験できて嬉しかったです。大人になるってよい。

デジタル印刷と違ってシルクスクリーンで刷ると、インクが乾く前にちょっとさわるだけで汚れてミスプリントになってしまい大変ですが、成功するとあじわいがあってよきですな。ビジネスカードとかも作ってみたい。

youtuberと光速PDCAの日記

空前のyoutubeムーブメントが、いまさら我が家に到来している。

著名なyoutuberやvtuberではなく、飲食店の店主のお手軽クッキングであるとか、おじいちゃんのラーメン調理動画を見ている。

最初はおじいちゃんトーク下手すぎワロタと思っていたが、彼らがコツコツと配信している動画をみていると喋り、撮影、編集…回を重ねるごジワジワとうまくなっている事に気がつく。

Youtuberおじいちゃんが光速でPDCAを回転させて動画配信に挑む様をみると、感動を覚える。広告を貼っていないので稼ぎがメイン目的ではない気がする。何が彼らを駆り立てるのか。

ただ考えてみると、私もさほどうまくもない絵や文を書き、誰に求められてもおらず突然カニのグッズを作って生きている。仕事以外でもカニに限らずアイディアを思いついたら試してみたくなるし、作って試して結果を見るとおもしろい。

40歳になると憑き物が落ちたように作る事に飽きるのかもしれないと根拠なく考えていたが、youtuberたちをみるに作って遊ぶ欲求に果てはない気がする。

先日『スキエンティア』というSF短編集を読んで、誰かに生きることを認めて欲しいという飢餓感で必死にあがく人々の物語に「自分も昔はそうだった気がする」と思った。

でも、歳をとって「すぐ死なない以上は、とりあえず生きていたらいい」と考えるようになった。そうなると認めてもらうためにというより、単純な面白さのために作って生きている気がする。

面白ければ良いんだ。面白ければ、無駄遣いではない。子供の砂遊びと同じだよ。面白くなかったら、誰が研究なんてするもんか。(森博嗣 冷たい密室と博士たち)

こういうことなんですよな。きっと。