読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

MESHやってみたメモ

MESH

iPhoneiPadbluetooth接続して、温度や動きの変化をトリガーに音を鳴らしたり、カメラを起動して撮影したりできるDIYキット「MESH」を買ったので、試してみたログ。

meshprj.com

前回はできることについてですが、今回はやってみた編。

電子工作環境はないので、Webサービス連携オンリーです。

温度検知ツイート猫

温度・湿度感知MESHタグの温度条件をトリガーにして、特定の温度のときに設定された条件をサーバサイドスクリプトphp)にjson形式でPOSTして、jsonの情報をもとに検索したFlickrの画像URLをTwitterにPOSTする。

  • 25度以上では「hawaii+cat」の条件で画像を検索して「部屋はぬるい」というメッセージとURLをPOST。
  • 10度以下では「canad+cat」の条件で以下略。

ごはん食べ猫カウンター

人感知タグを猫のごはん場前に設置して、猫がごはんを食べに来たこと状態をトリガーにする。起動したらIFTTTのmaker cannnelにjsonを送って、numerousというなんでもカウントwebサービスに数字を加算していく。numerousはカウントした日時を記録してくれるので便利!

numerousapp.com

弱点

  • うちには猫が2匹いるので、カウントだけだとどちらが食べたのかを確認することができない…。
  • 猫ごはん場にiPhoneとかiPadをうまく設置できず、小さいカメラと連動できたらなーと思った。

よい点

  • サーバにスクリプトを置かないでよいので、誰でも試せる!
  • 猫がごはん食べた回数に限らず、いろんなカウント楽しそう。
  • IFTTTでnumerousの数を起動条件にできるので、そこからtwitterとかに特別なメッセージをPOSTしてもおもしろそう。(冷蔵庫を50回空けたのでレベルアップ!とか)
  • 観測する場所にiPhoneあるいはiPadを置きっぱなしにできるのであれば、リモートで変化を観測できる。

勇者ごっこ遊び(仮)

動きを感知するmoveタグをトリガーにして、剣を振った音を鳴らす裏でサーバにjsonを送信する。
MESHアプリを起動しているiPhoneとは別の端末で勇者ごっこの仕組みが動いているWebページをブラウザで開いていると、MESHの動きに反応してブラウザ上の魔物がボコボコにされていく。
ものすごく魔物が弱った状態になると「じゅもんをとなえろ!」という指示がブラウザ上に出て、声を発しつつmoveタグを振るとiPhoneのカメラでプレイヤーを撮影。

カメラの写真が新しく追加されたことをトリガーにIFTTTでFlickrに画像のアップロードを行い、サーバサイドスクリプトFlickrにアップロードされた最新の画像の色解析を行って、いちばん使われていた色の属性魔法を使ったことにして、魔物を倒した演出をブラウザで流す。

技術的な話

サーバにnode.jsを置く事に挫折したため、herokuとmilkcocoaを組み合わせてリアルタイムに反映する仕組みを試した。
milkcocoaは反映が超簡単なので気絶しそうになりました。

mlkcca.com

課題

画像をIFTTT経由でFlickrにアップロードするのに反応にタイムラグがだいぶあるので、MESHアプリから直でFlickr等にアップロードできたらな〜と思いました。
あと、おもしろ演出を入れたくて画像の色解析を入れてみましたが、撮影する環境によって色の条件が変わるのでびみょうかも…という気もしたり。

まとめ

まだ他にもできることありそうなので、引き続き実験と検証を進めまする。いいのができたらコードの公開もしたいですなー。いいのができたら…。