人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

iPad Proが家に来たよ日記

職場の会議室のPCの起動が鬼重く、キーボードがBluetoothでなく死ぬほど使いにくいよ問題についてどうにかしたいと常々思っておりました。
PCで作った資料をいちいちプリントするとか自然にやさしくない。やさしくなさすぎる。

安いタブレット買うかなーと、ヨドバシカメラに実機を見に行ったらApple pencilが置いてあって試用し、数分意識を失って気がついたらレジで購入していて今に至る。

1990年代はPC本体が15万円、モニタが5万円、ペンタブレットが3万円、スキャナーが5万円、ペイントソフトが6万円、デジタルカメラが3万円とかだった気がする。
それぞれ物理的にサイズ大きくて置く場所めっちゃ必要だし初期投資がものすごい必要でしたが、時代は変わった…。こんなうすっぺらいデバイスが全ての役割を担うことができるとは、すごいとしか言いようがない。

Apple Pencilの感想

イケてる系スタイラスペンははじめて使いました。ペンそのものの使い心地もさることながら、対応アプリの使い勝手がよすぎて失神しそう。
『Procreate』という、スタイラスペンと相性がよいとレビューされているアプリを使ってみたのですが、ペンを持つ利き手と逆の手で塗りながら筆の透明度や太さを調整しやすくなっていて、超いいUIだなー!と過剰に感動しました。

液晶タブレット使ったことないから、世の中がこんなに進化していたとはーっ!って膝から崩れ落ちましたわ。こういったスムーズなストレスのない操作って細かいことのようでいて、作業スピードに超影響する部分だなと。

私のようにドキュメントに添えるラフ絵を描くだけの人間ならば、イラスト制作はiPadPro+Apple Pencilで事足りるやもと思いましたが、世の中的なレビューを読んだところによると、超たくさんレイヤーを作ったら重くなるらしいので、解像度高いキャンバスでレイヤーをたくさん使う絵描きはPC+液晶タブレットのほうが良い気がします。
でも、そんなに遠くないうちに解像度高くてもiPadだけでイラスト制作が事足りてしまう時代来るだろうなぁ。

iPadのおむつ

故ジョブス氏には申し訳ないのですが、iPadをふとした機会に落とさない自信がまったくないのでおむつを買った。幼子向けのケースらしいのですが、持ち手があってフカフカなので安心度高い気がする。

ついでに前から欲しかったBluetoothキーボードも買ってみた。接続先を切り替えられる仕組みがついてて、ボタンを押して切り替えるだけでiPhoneで長文を打たないといけない状況にも対応可。

まとめ

スマートフォンを持ちながらタブレット端末を買うって、必要性があるの?というのを長年理解できずにいましたが、画面の大きさによって用途が違うんですなー。なるほどどどどど。