人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

観測範囲がせまい自分の日記

年始の挨拶に都心から若干離れたエリアに行ったのですが、自分が住んでいるエリアと全然雰囲気が違っておぉ〜!と思ったりしました。まずイオンがある。すごい。

自分が住むエリアは公共交通機関が細かく張り巡らされているためか車所有率があんまり高くない気がしていて、カーシェアリングとか、気軽に車を借りることができるサービスがあったりします。

今日行ったエリアはそこまで細かくバス停がないので自家用車を持っていることがデフォルトな気がしていて、そうなるとイオンは便利だな〜と。

車持つことが当たり前のエリアに住むことと、そうでないエリアだとだいぶライフスタイル違うなーと考えてしみじみしました。車を持つことがデフォルトのエリアは家が広くなる傾向にある気がするし、大家族なら移動の楽さも含めてそういう生活がマッチしてるよなーとか。

かつて自分が訪れる機会があった国々では、そもそもインフラがそこまで整ってないとか、雪深く高山すぎて公共交通機関がどうにもできないし生活用品を備蓄ができる地下室持ちがデフォルトのエリアもあったなーとか。

ふだん自分の身の回りで「こういう暮らしがスタンダードだよね」と思い描いている形って、普段交流がある人は似たライフスタイルである可能性がわりと高くて観測範囲せまいからアテにならないなーと感じました。

自分とまったく異なるライフスタイルや価値観のひととは、無意識のうちに付き合いたくないなぁと思ってしまう予感がする。そうして人間の視野は狭まっていくのかもしれんね…と思うとこわい。

こんなにインターネットをみんなが使うようになっても、なんでそんな情報信じてしまうのか…という事はいくらでも起こります。それはたぶん、見たいものだけを見てしまうからだし、自分もやっていると思うので気をつけねばなーと改めて思う2017新春です。

とはいえ、意識的に見ないニュースもありますが。
動物虐待とか児童虐待の話はすでに問題意識を持っているし、頻繁に見ているとなぜこの世界から戦争はなくならないのか…という、絶望して世界を滅ぼすゲームのラスボスみたいな気持ちになってきます。