読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

ネットのテキストとバカとAWS聖戦の日記

日記

以前ネットで炎上した、飲食店の会長が書いた刺激的な社内報のテキストが好きです。
リーダーとして書いてはいけない内容ではと思いますが、淀みないdisのラッシュが清々しく、いろんな意味でなかなか書けるテキストではないなと。「さあ、今後どうする?」という挑戦的な締めくくりもよい。日常で言いたい度高いです。

現代においては残る形でテキストを書くと短文でちょっと発言というスタイルよりも批判されやすいので、世の中の人は個人ブログを書かなくなったのであろうなーと思います。
短文だと会話形式で軽い気持ちで言っちゃったんだよね感がありますが、長文で書いているのは本気度が高く見えて、より叩かれやすいしバカさが度合いが光って恥ずかしいのかなと。

さまざまなポリスが世の中に存在し、スキあらば「こいつは無知だ」と指摘するための準備運動をしているのです。

このブログは家族と検索クローラーが訪問するだけの、インターネット最果ての地なのでポリスに取り締まられる心配はほぼないと言えます。
私が犯罪の加害者または被害者になった時は会社を爆破するとしょっちゅう書いていた過激派としてメディアにテキストが取り上げられる可能性が高いですが、犯罪に巻き込まれた時点で死ぬ目に遭っているのでそこは諦めます。(Kindleとらのあなの購入履歴でカップリングの趣味を晒された時だけは、世のデータを物理的に爆破するために地獄から蘇る覚悟があります。のちにAWS聖戦と呼ばれる千年に及ぶ壮大な戦いです。)

先日、ネットの海をさまよっていて「格安SIMにしないやつはバカ」というまとめ記事と、格安SIMを使うやつは貧乏人でバカという反論を発見し、どっちでもいいじゃねえかよという気持ちになりました。自分の金と時間をどう使おうと、各自の自由やよ。

自分が愚かに見られる事は大半の人が腹がたつと思うのですが、その流れで常識を持った人はインターネットで長いテキストを書くことを避けるようになったのだと考えています。

人によって激しさに差はありますが、自分が愚かに見られるのは嫌だが、他人のことは愚かだと言いたくなる人間の業よ…!

そこまで愚かに見られることを認識済みでなぜ私はわざわざ誰も読まないテキストを書くのか。
会社員として日常で「お疲れ様です」と「了解です」と、「申し訳ございませんでした」しか発声しない人生を送っています。
自分の意思を伝える機会がないため孤独によって発狂しないように、インターネットに駄文を刻んでいきたいと思います…。
さんざん恥ずかしいテキストを書いていますが、死んでからあらためて照れ臭くなり、蘇ってデータを葬るべくAWS聖戦に身を投じたいです。千年後たぶん世の人々はサイボーグになって生き続けていると思うので、私の戦いをエンターテイメント的に楽しんでいただけますと幸いです。