人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

イベント展示と組手什

作ったものを売るイベントにひさびさに参加した。 自分が作るのはかさばるモノが多いのでディスプレイに悩みがちなのだが、今回は東急ハンズで組手什という家具パーツを発見して使ってみた。

組手什の販売 | 日本の森バイオマスネットワーク

釘を使わずに木を組み立てる工法があるのだが、組手什はその技術をもとに考えられた、自分で設計して作る家具パーツ。家具を作ることはもちろん、イベントの什器としても使えるよ!と説明パンフレットに書いてあった。

私も実際こんな感じの形に組み立ててイベントで使用した。

モノ売るイベントは毎回同じ展示面積だとは限らないが、なるべく毎回いいかんじにスペースを有効活用する形に展示できるようにしたい。そういった状況で拡張性があるのは良い。
また持ち運びやすく、組み立てと解体が工具無しで短時間で行えるのもグッドポイント。

こういう、カスタマイズ性があるモノはレゴ的で非常に惹かれる。
今回は布ものをかけられる形に組んだが、マガジンラック型にも組めそうなので他ジャンルの展示にも使えそうだ。

組手什は大きいものを作ろうとすると、そこそこ価格はかさんでくる。 だが以前イベント展示用に100均の組み立てパーツ家具を作ってみたら、すごい脆弱かつ見た目がいまいちだった。 100均ものは見栄えを考えて避けたいが、ちゃんとしたレンタルの展示用品は高い。何度かイベント参加する予定があるなら、こういうシステムを導入するのもアリな気がする。

インターネットで検索する際に、自分の知らないモノを探すことはできない。店舗に行ってものを見て知る機会があるのはありがたい。ありがとう東急ハンズ