人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

andmade使ってみたよ

f:id:mizi:20170603012413p:plain https://andmade.tokyo/より

北参道にファッション工作機器特化の施設、andmadeが2017年4月にオープンしたので行ってきた。

仕組みとできること

ファッションにまつわる工作機器を利用することができる施設。
様々なミシンや特殊な布機材を利用することができる。

f:id:mizi:20170603012330p:plain https://andmade.tokyo/より

利用しただけ時間ごとに料金が発生する一時利用型と、月額固定料金で使い放題の2つの料金スタイルがある。

広い作業台と複数台のミシンが準備されているので、家でミシンを購入するまでではないが、パワーのあるミシンを使って縫いたい!という欲求のある人がワーキングスペースとして利用することを想定した施設ではないかな?とみている。

ファッション系だと近いコンセプトの施設として表参道のcoromozaがあるが、andmadeは工作機器の種類が多いのと空間として広い。いろんな布系機材をさわってみたい!という人には面白いかもしれない。それぞれ、施設の利用者層も異なるのではないかなという印象。

やったこと

私は昇華プリントという、オリジナルの布をプリントする機材を利用した。 昇華プリントは用紙へのプリントとヒートプレス機をセットで予約。使った時間ごとに利用料金が発生する。機材の設定や布のセットなどはスタッフの方が作業してくれる。機材に対して知識量が多くなくても気軽に試すことができる。

デザインデータはUSBで持ち込むのがよさげ。PCにはillustratorが入ったものがある。
データは昇華プリンタのmimakiの専用アプリケーションを使用してリピート・反転など設定可能。tiff,jpg,epsを取り込み可能。

感想

ミシンを広々使うことができるスペースは魅力的なのだが、荷物をストックするサービスのサイズがそんなに大きくないので、私のようにたくさん大きなものを縫うタイプは荷物が置ききれない…通って利用するのは大変かも。1着のウェディングドレスを通って縫う、などの利用方法がマッチしそう。(基本的な裁ちばさみなどなどは借りることができるが、ガチ縫いの人は様々なマイ道具を持っていると思うので…)

今回昇華プリンタを利用した際に、温度や時間についての質問に丁寧にスタッフの方が答えてくださって勉強になった。たくさん素材を扱っている人の話を聞けるのはありがたい。

また、jukiのさまざまなるミシンが取り揃えてあって「どの種類のミシンが自分に必要かな?」と迷った時に試用できるのはすごくいい。ミシン店ではないので、落ち着いて各ミシンの機能を試せるのではないだろうか。