人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

お気に入り料理本紹介 2017

インターネットにレシピが死ぬほど落ちている時代だが、本の形だと情報がまとまっているので関連したレシピを調べやすいのが良いと思っている。

長いこと料理本を収集していて、相性の合わないレシピ本ってそこそこあった。でも、逆に長年読んでもまだまだ作っておもしろい本もある。お気に入り本が売れて、作者の人が次の本を出してくれるといいなと思い、推し料理本紹介を書く。

収集の方向性として和食のレシピはインターネットでざっくり調べていて、あまりメジャーでない料理の作り方を解説した本を中心に集めている。写真が美しいと思わず買いがちだが、今回は味もよい! と思った本のみをピックアップしている。

プロの味を決める ソース・たれ・ドレッシング・合わせ調味料

タイトル通りソースやたれのみに特化したレシピ本。2016年にこの本を購入して、なるほどこの組み合わせもアリか〜! みたいな感じで感動。合成に慣れてドレッシングをほとんど買わなくなった。

自分好みの味を追求したいけど、何の調味料を合体させるとお店みたいな感じになるの? とわからん人にもってこいの本ではないか。

煮込み料理をご飯にかけて

煮込み料理をご飯にかけて 作りおきして安心。ひと皿で大満足。

煮込み料理をご飯にかけて 作りおきして安心。ひと皿で大満足。

2016年殿堂入りレシピ本。料理を数回ぶん作り置きしてコストを下げたいよ派なので、おいしくて保存向けのこの本はめちゃくちゃ気に入っている。寸胴鍋がある家や作り置きタイプの人におすすめ。「牛すじ肉のポトフ風」がおいしすぎて気絶。

スープ教本

スープ教本

スープ教本

遠い昔に買った本だが、まだまだ現役。洋風からエスニックまで様々な方向性のスープが載っている。「かぼちゃのココナッツスープ」が超おいしい。

この本のレシピを繰り返し作るうちに、「こういうスープもありだな」と勘所がついたので、基礎のトレーニング本としてもよかった。同じシリーズで「サラダ教本」もわりと気に入っている。

野菜のミニおかず210

野菜のミニおかず210−1つの野菜で作れる!パパッと作れる、毎日使える、おたすけ手帖

野菜のミニおかず210−1つの野菜で作れる!パパッと作れる、毎日使える、おたすけ手帖

野菜一品と調味料で副菜を作りたいなーという時に、シンプルな手順でさくっと作れるレシピだけが掲載されている。野菜ごとにレシピが紹介されていて野菜数も多く、この野菜はこういう調理法もありなんだなーと勉強にもなった。

もし料理初心者にレシピ本をプレゼントするなら、このシリーズのレシピ本にする。

作りおきできる フレンチデリ

作りおきできる フレンチデリ

作りおきできる フレンチデリ

正月のオードブルでこのレシピ本の料理を作る。フレンチと言いつつ素材が日本に手に入る範囲で、かつ材料数を絞っているのでだいぶ作りやすい。「ハムのムース」がハイカロリーシンプルながら有罪のおいしさ。

野菜でオードヴル +野菜のスープ+デザート

野菜でオードヴル +野菜のスープ+デザート

野菜でオードヴル +野菜のスープ+デザート

工作みたいでおもしろい料理が多い! 日常で作るというより、今日はおもしろい料理したいな〜! というテンションの時に使う。「トマトとカッテージチーズのテリーヌ」美しいしおいしい。

材料の表記がgで「トマト1個」といった個数説明がされないのと、手順がストイックに省略されているので初心者には不向きなレシピ本。

『なんでもデザート』という同じ著者の皿盛り付け系デザート本も超良著。

私たちのお弁当

私たちのお弁当 (クウネルの本)

私たちのお弁当 (クウネルの本)

弁当特化の写真+紹介テキストの本で厳密にいうとレシピ本ではないが、どういう人がどういう意図で作った弁道なのか丁寧に解説されているので「こういうシーンでこの献立、ありだな!」という発見があって読んでいると興奮する。

好きすぎてシリーズ全部持っている。

明日使える! お弁当大百科 (趣味どきっ!)

明日使える! お弁当大百科 (趣味どきっ!)

2017年にNHK Eテレ『趣味どきっ!』という番組で「明日使える! お弁当大百科」という特集があって、弁当愛による興奮のあまりムックを買った。掲載レシピ数は多くないが、お弁当という宇宙と魅力についてよく理解した人が企画したと思う。料理マスターには必要ないレシピだと思うが、読んでいてお弁当を作りたくなるからそれだけでよい。

料理通信

レシピ特化ではないが、食を取り巻く事情をていねいに説明していて良雑誌。

レシピ本としては分量がプロが書いたものなので、g単位で説明されていて融通きかせて調理するのが得意な人向けかも。

 おやつとデザート

料理通信 2017年 02 月号 [雑誌]

料理通信 2017年 02 月号 [雑誌]

写真が狂ったようにかわいい。料理通信のデザイナーとカメラマンはまじでセンスが素晴らしい。

すてきなフランス惣菜

料理通信 2017年 04 月号 [雑誌]

料理通信 2017年 04 月号 [雑誌]

文化も合わせてフランスの料理を紹介しているので、渡仏経験がある人がニヤリとする感じ。

メイン料理に対してのじゃがいも付け合わせのバリエーションとケース解説は、なるほど図で見せられるとわかりやすい!!

いいつまみ、いいおかず<アジア編>

料理通信 2016年 06 月号 [雑誌]

料理通信 2016年 06 月号 [雑誌]

ローカルエスニック料理レシピがたくさん載っていて、良特集。確かにつまみとしてエスニックを作るのアリだ。

世界のホットドリンクレシピ

アルコールは飲めないけれど、飲み物は好きなのでカフェではなく家でもおいしい飲み物が飲みてぇ! と思って買った。

アルコールがわりと多いのと、エスプレッソは知っとるわ! みたいな気持ちのレシピもあるが写真の統一感が超美しいのでカタログ的に読んでいてウキウキする。

世界の祝祭日とお菓子

世界の祝祭日とお菓子

世界の祝祭日とお菓子

世界のローカル菓子が祝日エピソードとともに紹介されていて、読んでいてわくわくする。トラディショナルなお菓子が多いため手順がそこまで難しくなくシンプルなお菓子が多い。

DTPとデザインがすごく美しいので、カタログ的に読んでいてうっとりできる。

津田陽子の100のおやつ

津田陽子の100のおやつ

津田陽子の100のおやつ

だいぶ昔に購入したが、おそらく一生使うレシピ本。「ガレット・デ・ロワ」のレシピはいつもこの本!

さまざまなる焼き菓子レシピが載っていて、シンプルながら確実なおいしさ。

美しいフランス菓子の教科書

美しいフランス菓子の教科書

美しいフランス菓子の教科書

『津田陽子の100のおやつ』と『なんでもデザート』を持っているのでデザート本はこれ以上不要かと思っていたが、ソース本を2016年に購入して料理の幅が広がったのをきっかけにデザートでも材料の組み合わせを覚えるような本が欲しいと思っていた。

本の構成が超美しいし、基本的なクリームの作り方がコツととも解説されていて、よい。

焼いて終わり! ではなく、焼いた後にクリームをはさむぜ! みたいなステップ数が多いレシピが多い。工作っぽいのを楽しめる料理好きによさげ。

Cooking for Geeks

Cooking for Geeks 第2版 ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)

Cooking for Geeks 第2版 ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)

レシピ本ではなく、料理をとりまくさまざまな謎を検証によって解説した本。

この素材を扱うためには何度を何分が適切なわけよ! 検証したる! みたいな謎の方向性の努力をはじめる料理好き向けの理屈っぽい内容。

鍋やまな板の素材の解説もされていて、気になってはいたが検証しきれない謎の答えが読めてすっきりした。自分の包丁の持ち方が効率が悪かったことがわかったので、読んでよかった。

おわりに

レシピって、何度か作るうちに「この応用もありだな」と覚えていくのがおもしろい。

思いつきでぱぱっと作るのもよいけれど、調味料の使い方とかまったく勘がなく新しいものを作る力がないので「この素材はこういう使い方なんだ」とレシピをなぞって気がついていくと嬉しい。

料理レシピ本は相性があるので、紹介した本では作りづらいとか味覚に合わないとかあると思うけれど、通りすがりのだれかのお好みに合えば幸いです。