人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

キーウィ愛と丑の日と多様な観点についての日記

キーウィというニュージーランドのみに生息する鳥が子供の頃から好きだ。

キーウィは飛べない鳥のため、人間に食べられたり外来種である猫に食べられたりで絶滅危惧種に指定されている。そのため、2017年現在では日本の動物園等にはおらず、ニュージーランドに行かないと生身のキーウィ氏を見ることができない。

ニュージーランドは日本発の飛行機の便数がそんなに多くなくて行く機会を作れず、私はまだ生キーウィ氏を目にしたことがない。

ひとめ生キーウィ氏を見たい欲求がある自分としては、ウナギ絶滅しそう話が他人事に思えない。いや、私はウナギではなく一応人間なので他ウナギ事ではある。

ウナギめっちゃ好きなのに、絶滅して生きてる姿みられないのかよー!と憤る子供が未来に生まれると申し訳ないので、少し前から食べ控えていたのだ。

そもそも、ウナギへの愛が薄いのかもしれない。19歳までドヨウノウシノヒは土曜日と信じていたし、昨日が丑の日であることも22時くらいに気がついた。

そして、ウナギ不買運動がインターネットで燃え上がっていて動揺した。みんなそこまでウナギを愛していたとは胸熱!と一瞬思ったが、あまりに食べるよ派と不買派がバーニングしていた。

この炎上に踏み込むとめんどくさそうなので、ウナギについては黙っておこうと澄んだ目で決断した。意見の強い人がいると、自分は黙ってていいような気がしてくる卑怯なタイプなのだ。

  • ウナギを食べるのが好きな人の観点
  • 生物好きの観点
  • ウナギを売るお店の観点
  • 日本の文化を守る観点
  • キーウィが好きなためにウナギの心配をする観点

世界の多様性をかみしめつつ、蒲焼きさん太郎をかみしめたい。

ちなみにキーウィは見た目のキュートさも有罪レベルだが、wikipediaの「マオリ族の寓話」というエピソードがグッとくる。忠義者なんだよこいつは!

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/キーウィ_(鳥)