人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

優先席と最弱決定戦日記

最近膝が悪いので、公共交通機関の優先席に座った。

なんらか手術を秋に控えたりしつつも、歩くには歩けるし杖もついていない。見た目には元気そうだし、気持ち的にも女子高生くらいの浮かれ具合を保っている。そのため、目に前に立つ老人に鬼の形相で睨まれて焦った。YABAI。

膝が悪くて!と釈明すると周りの乗客にプレッシャーを与えるし、ここで膝の悪さ加減をプレゼンし、老人と最弱決定戦を繰り広げても誰も喜ばない。さぁどうする!と思い悩んでいたら他の席が空いてそっちに座ったので、ことなきを得た。

他人の苦しみを理解するのは難しいので、他人がラクをしているように見えて腹立たしい時がある。でも、他人が何に苦しんでいるか、どのくらいの苦しみなのかは想像しきれないものだな、と身にしみた出来事であった。老人もあと3秒でリバース&気絶しそうなコンディションからの、鬼の形相だった可能性もある。

世界の見え方って、自分の置かれた環境でまったく異なって見えるし、以前まで見えていた世界は新しい見え方で上書きされて失われてしまうのではないだろうか。

自分以外のことは知らないから、世の中は私を一番優遇してくれくらいの気持ちに徹することができたら、様々なことに思い悩まずに済むのだが。チキンだから優先席ひとつで色々考えちゃうんよ。