人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

タイの月餅とごちゃまぜ食文化の話

f:id:mizi:20170909012656j:plain

タイに行った時に中国におけるお月見みたいな祭りが近くて、コンビニでも月餅が売っていたので買ってきた。これは蓮の実あん。

ちなみにタイでは50バーツ(日本円にして高く計算して200円)あれば昼食が食べられるが、コンビニの月餅でも70バーツ(280円)とやや高価。贈り物なのでせっかくだからおいしい素敵なやつにしたい!と思うと、ホテルのオリジナル月餅が680バーツ(2,730円)とかで超高価!

f:id:mizi:20170909012850j:plain

タイの月餅も流派がいくつかあって、塩漬け卵の黄身がインしているやつと、きのみギュウギュウ系の2大派閥。本場中国でも月餅は地方によって中身が違うのを継承しつつ、タイ独自の進化としてドリアン餡なども発生している気がしている。

f:id:mizi:20170909013006j:plain

中国からタイに移住して来た人が多いために、美術や食文化などなどで強い影響を受けていて、月餅も商売上手な移民とともにタイに溶け込んだ。そもそも、タイ人は縁起の良いフェスティバルっぽいことは全部好きな感じもするので買ってしまうのかも…。アイスケーキの月餅もあるよ!

f:id:mizi:20170909013030j:plain

これはコンビニで売っていた、量産型ふつうの月餅。じゅうぶんおいしい。

そもそもタイ料理って意外と「インド風」とか「イスラム風」みたいな他の国の影響を受けてそのまま進化していったものがけっこうあって、ロティとタイで呼ばれるお菓子もほかの国ではナンみたいなものでカレーと食べるんだとか。

f:id:mizi:20170909013129j:plain

これはバナナと卵が入ったロティ。

日本でいうイエローカレーは昔のタイの人がインドカレーと称していたのを聞いたが、インドの人的にはぜんぜんちげえよ!と思っているのではないだろうか…。

また、カノムチンというグリーンカレーをそうめん的な麺に合わせて食べるマイナータイ料理があるが、直訳するとカノム(お菓子)チン(中国)という意味で、中国にそんな料理があるのかいろいろ謎めいている。

日本もラーメンは中華麺で作るので中国料理からアイディアを得ているけれど、日本のラーメンは独自文化として進化していったので、それと似た感じなのかも。

タイ料理に対してテンションが上がってこの本を購入して読んだが、よくまとまっているのでタイ料理に関心がある人にぜひおすすめしたい!

タイ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

タイ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

ガパオやカオマンガイなどのメジャーどころ以外に、知られていない系メニューを置いているタイ料理屋さんが日本にもたまにあるが、そういう所で食べるものを探す時のヒントになりそうでよかった!!食べたい!

海外旅行って滞在期間によって食事回数が限られるが、同じものを複数店舗で食べ比べたい気持ちありつつ、いろんなものを本場で食べたい欲もあるので悩ましい〜!旅行の時だけ、スイッチ押すとすぐ胃がからっぽになって無限にお腹空けばいいのにね…。

やる気があるときは写真の色味を綺麗にするが、今日はたくさん画像を貼りたくて加工をサボったために、全ての食べ物が青っぽい…。