人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

鎌倉!鳩サブレのデザインをめぐる散歩

f:id:mizi:20180210213412j:plain

海を見に鎌倉方面に行ってきた。鎌倉は気がつけば鳩っぽい洋菓子店がオープンしていたり、鳩な茶房があったりで鳩サブレーのデザイン戦略うまいなー!といまさら感動したので書き留めておく。

最近、旅というには近所な気がする微妙な距離の散歩の話を書きがちなので、『神奈川県さんぽログ』というカテゴリに記録することにした。

八十小路

f:id:mizi:20180210215725j:plain

鎌倉駅ちかく小町通りの飲食店がひしめくエリアによく見ると飲食店であることがわかる、控えめなお店が佇んでいたのを発見して入ってみた。ここから、鳩をめぐる奇妙な散歩がはじまる…。

f:id:mizi:20180210133315j:plain

期間限定のお雑煮を注文したら…箸袋とお手拭きに…鳩…! もしやと検索すると、店舗名は『豊島屋茶寮 八十小路(はとこうじ)』! 豊島屋すなわち鳩サブレーのお店かー! 鳩サブレーしゅき。

リーズナブルながらも、丁寧な仕事でおいしい。店内の席間は広くて落ち着いて休める、良い空間だった。やるなー。

豊島屋本店

鳩サブレーはアイコニックで超いいデザインだが近年はお菓子以外にもグッズ展開をしていて、鶴岡八幡宮近くにある豊島屋本店で鳩デザイン雑貨を購入することができる。

f:id:mizi:20180210185408j:plain

鳩サブレー型ミラーなど、製造コストかかりそうだけど一部の人に刺さる絶妙デザインのグッズが多くてやるなぁと前から思っていたが、どんどんかわいいグッズが増殖している。

色が「鳩サブレーらしさ」を守っているし、イラストのデフォルメ加減とシュールさが超センスいい。

f:id:mizi:20180210193506j:plain

セロテープホルダーはオモテが動物園、裏は水族館柄!鳩がさまざまな動物とコラボ…。

f:id:mizi:20180210193442j:plain

セロテープホルダーのパッケージに、さらりと意味不明なテキストが。

商品リストをみると2018年段階で鳩きせかえ消しゴムを取り扱っていて、商品名が「鳩サブローの過去の消し方」。正々堂々とした電波っぽさがよい。

豊島屋洋菓子舗 置石

鳩グッズを購入してホクホクし、豊島屋本店から出たら鳩の気配を対岸に感じた。道を渡ると…。

f:id:mizi:20180210141315j:plain

鳩サブレーの豊島屋が運営する洋菓子店かー!武者鳩が出迎える粋さですな。(ちなみに、武者鳩の足元に「いま鎌倉」って書いてある)

f:id:mizi:20180210141209j:plain

店内は黄色で鳩サブレー感ある。

f:id:mizi:20180210141218j:plain

焼き菓子はさりげない鎌倉っぽいパッケージデザインでセンスがよく、お土産にしたくなる。

ショーケースの中にあったピスタチオクリームのエクレアが気になって、1個購入して食べ歩きスタイルにしてもらった。風味豊かですごくおいしい。(興奮して即食べたので写真はない)

エクレアがわりと好きでよく食べているのだが、強豪ぞろいの中でもだいぶハイレベルなおいしさではないだろうか。鳩への愛で興奮して過剰においしく感じるのか?よくわからなくなってきた。

f:id:mizi:20180210190621j:plain

買って帰った焼き菓子もおいしい。鳩サブレーも貰ったらうれしいレベルのおいしさだし、そりゃそうかーとひとりで納得した。

f:id:mizi:20180210190545j:plain

包装にも鳩の気配…! ちなみに、『豊島屋洋菓子舗 置石』は2Fで座って生菓子が食べられるので、次はエクレア全種類食べたい。

すべてが鳩になる

今まで何度か鎌倉を訪問しつつも、こんなに鳩サブレー一族がいることを知らなかった。知らずにお店に入って「トータルでいいデザインだなぁ…あっ、鳩!」となるので、ブランディングめちゃくちゃ成功していると思う。

f:id:mizi:20180210195119j:plain

雑貨の小袋の内側が鳩柄、さりげない粋さ。

美しさもさることながら、ユーモアのセンスもステキでデザイナーの手腕と会社の度量がすごいなと感心しきり。こういうセンスは見習いたい。

f:id:mizi:20180210195523j:plain

洋菓子のパンフレットはおしゃれなのはもちろん、テキストのセンスがさりげなくイケている。

f:id:mizi:20180210195529j:plain

「豊島屋ならではのあの焼き菓子が入っています」という、突然の思わせぶりな表現。しかもフォントがオリジナルパッケージをリスペクトした感じなんすよなー。本当にいいデザイン。

ニュースサイトにパッケージデザインについてインタビューした記事が載っていて、いいわねーって思った。

irorio.jp

鳩人という特殊用語がさらりと出てくる。