人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

レゴランドジャパン ホテルに大人だけで泊まったよ日記

f:id:mizi:20181217004239j:plain

2018年にオープンしたレゴホテルに泊まるべく、再びレゴランドに遊びに行きました感想日記です。テーマビュータイプの間取り図を置いてありますよ。

レゴランドは2歳から12歳くらいまでをターゲットにした100%キッズ対象テーマパークであり、ホテルも同じ層を狙っていると思われますがレゴ好きすぎて大人2人で行ってきました。

オフィシャルホテルでテーマパークの延長線のような楽しみ方をする施設なため、一般のホテルより価格おたかめ。ですが、内装に物語性があって、おもちゃ好きにはたまらない空間…宿泊して我が人生に悔いなし。

ご飯は子ども向けと侮っていましたがおいしいし、子ども慣れしたスタッフのホスピタリティが優しい感じの楽しいホテルでした。財力そのままで、子どもになって宿泊したいよ〜!!

★もくじ

エントランスと1F

f:id:mizi:20181217000739j:plain

エントランスにはご機嫌なオブジェが飾ってあります。既に気分アガる。

f:id:mizi:20181217000742j:plain

レセプション前には客が自由に遊ぶことができるレゴの泉。

f:id:mizi:20181217000740j:plain

売店があります。レゴランド内でしか買えない系のグッズが少し置いてあるのと、レゴランドジャパンホテル オリジナルキャラくまちゃんのグッズが売っています。ブリックらしさは特にないけど、従業員と同じ衣装を着ているのはキュート!

ほかにキッズ向けの水遊びエリア(予約制)とワークショップ(予約制)がありますが、大人だけで行ったため割愛します。

2F レストラン&プレイエリア

f:id:mizi:20181217012838j:plain

こういう感じの位置関係で、ビュッフェレストランとアラカルトでオーダーできるバーと名乗りつつ食事やお茶もできるレストランがあります。

2018年現在、宿泊者でなくとも飲食を利用することができておすすめな予感。ビュッフェは朝と夜だけの営業のようです。

f:id:mizi:20181217000741j:plain

レストランのわきにプレイエリアがあるので、キッズが遊んでいるそばの席で見守りつつ食事している家族もいました。

プレイエリア

f:id:mizi:20181217000802j:plain

潜って遊ぶ系のプレイエリアと、大量のブリックで遊べる場所。

f:id:mizi:20181217000801j:plain

デュプロは通常サイズのブリックとは少し離れた場所にあるので、年齢差のある子で奪い合いになることは少なそう。奥にひそかにレゴのコンソールゲームで遊べる部屋もあり、出会ったキッズたちで意気投合して遊んでいるもよう。

f:id:mizi:20181217000759j:plain

外にも遊ぶゾーンがありますぞ。

スカイラインバー

スカイラインバーという名称からホテル最上階にあるのかと思っていましたが、まさかの2F。ですが、レゴによって摩天楼にいる気分になることができる、クスリとできる展示があります。

夜ご飯に利用しました。

f:id:mizi:20181217000755j:plain

アーキテクチャ作品が飾ってあったり、館内においてはちょい大人向けムード。

f:id:mizi:20181217000754j:plain f:id:mizi:20181217000753j:plain

アラカルトで注文できる中にポッチのついたメニューがあります。

ホテルなので高価かなーと思いましたが、けっこう手の込んだ料理でボリュームもあるのにリーズナブルでよきです。味もおいしいし、ギミックのあるメニューがあって大人もキッズも興奮!

18:30に予約を取っていましたが満席でした。スカイラインバーは予約して行ったほうがよさげです。

ビュッフェ

朝食で利用しました。ポッチのついたポテトが置いてありましたぞ。

こちらはスカイラインバーとは違って、ポップでウキウキ度が120%くらいのご陽気テンションです。

f:id:mizi:20181217000757j:plain f:id:mizi:20181217000756j:plain

食べ物エリアのパノラマ絵。

キッズ向けメニューは低い台に置いてあったり、キッズが高い場所の料理を見ることができる踏み台も置いてあって心遣いがニクい。

子どもがメインのメニューだろうなーと思って期待してなかったのですが、大人でも楽しめるおいしい朝食でした。

デザートに置いてあるティラミスが、ちゃんとマスカルポーネチーズ使っていておいしかったです。朝食ビュッフェってホテルによってはコスト削減のためパサパサ食べ物ばっかりになることもある中、頑張っている…。

f:id:mizi:20181217000745j:plain

アレルギー表示のありがたみ。

f:id:mizi:20181217000744j:plain

サラダバーにひっそり置かれたブロックのブロッコリー

f:id:mizi:20181217000743j:plain

パンが充実してておいしかったのと、密かに見守るネズミ氏。

f:id:mizi:20181217000746j:plain

レストランの隅々に、物語を感じるオブジェやアートがあってかわいい。

部屋

フレンズ ビューという一番お手頃げな部屋に宿泊しました。クリスマスイベント中は混むかもな〜と思い、3ヶ月まえくらいに予約したような気がする。

部屋のテーマはアドベンチャーとか、パイレーツとか、キングダム(中世の騎士)とかNinjaGOとかいろいろある中で一番愉快なのではないかという期待によってレゴフレンズを選択。

f:id:mizi:20181217014503j:plain

こういう感じの構成になっていて、同じプランならば同じ間取りの可能性が高いのではないでしょうか。(比率や細かい部分はうろ覚えゆえ適当です)

f:id:mizi:20181217000750j:plain

大人が子ども部屋に泊まれるのか?ということが気になった。

f:id:mizi:20181217000752j:plain

試しに横たわってみました。寝られるけど、ファミリー前提のため大人の宿泊は1部屋2人までなので大人グループでは宿泊できません…。(ベッドが壊れたら申し訳ないので撮影、即降りました)

f:id:mizi:20181217000751j:plain

部屋にトレジャーボックスがあって、謎を解くと鍵を開けるナンバーがわかるのですが私たちが泊まった時は既に開いてました。イレギュラーな大人だけ宿泊だから?

中には通常非売品のちっちゃい組み立てキットが入っていました。組み立てキットはレゴフレンズでしたが、おそらく部屋のテーマに合わせて置くプレゼントを変えているのではないか。

f:id:mizi:20181217000748j:plain

大人が滞在する部屋。床に藁がしいてあるので、馬小屋設定なのかもしれない。子ども部屋はフレンズとのお泊まり設定で、大人は馬小屋なのか。どういう世界観。

f:id:mizi:20181217000749j:plain

レゴムービーみほうだいのテレビ。キッズチャンネルやアニマルプラネットも見られる、やさしい世界。

f:id:mizi:20181217000747j:plain

テーマごとにフロアが別れているのですが、フレンズは8Fだったのでけっこう眺めよかったです。全部屋の窓がレゴランドに向いているわけではなさそう。

まとめ

普通のホテルよりも割高ですが、エンタメ感MAXなので個人的な満足度は高いです。(ちなみにレゴランド・ジャパンリゾートのメルマガに登録していると、ときたまセール情報が届きます)

めちゃ楽しいので、レゴ好きファミリーには確実におすすめなのはもちろん「子ども向けで親子にストレス少なく楽しませるギミック」について子どもを持っていない大人としても発見が多い旅になりました。

ちなみに、ときたま写真に乗せられていた文字の「BFF」はベストフレンドフォーエバーの略です。日本語で言うとズッ友…。レゴフレンズはプリキュアなどの強い日本ではそこまで女児に人気ありませんが、大人からすると「こういう夢を女児に提示するのか!」という観点で見るとおもしろいです。

レゴランド・ジャパンの2018年感想も書きたいので、記事を分けてまた後日!