読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

インターネットと人間関係の日記

日記

かわいい猫ちゃんの写真でテーマのトゲトゲしさを中和するよ。

インターネットにおいて人間はなぜ過剰にイライラしがちなのか…ということについて最近いろいろ考えていました。

結論としては、インターネットしすぎると疲れるからほどほどにしたほうがよい、ということです。

みんな知ってた!みたいな話で今更の発見なのですが。

いいねに関する問題

SNSのいいねに感して、見たくないという人が一定数いるのを感じています。私ほどのインターネットと脳が直結している廃人だと気にしたことがなくて「?」みたいな気持ちがあったのですが、一昨日くらいにやっとわかってきた!気がする!

1.自分がいいねを貰えないにも関わらず他の人が貰っていると寂しくなる

2.友達がだれかにいいねをしていると、自分にはしてくれないのに〜って思う(嫌われてるかも?みたいな)

3.友達がいいねしている発言が自分の思想と合わない時にイライラする

の3つが大きいかもしれないな、と。

これは盲点だったな〜と思いました。自分に友達が少なすぎてこういった感情がわからなかった気がします。

ネット廃人としてツイッターランドにも生息していますが、フォロワーの70%はbotな気がするし、残りの27%にはミュートされている可能性が高いインターネットひきこもり的には、いいねが貰えないことなど当然だから…かな…。つら…い…。

他人の幸せを見たくないよ問題

個人的には知っている人が辛そうにしていると心が死ぬので、むしろ幸せな話をしてくれた方が嬉しいです。

幸せ見たくないよ問題にはいくつか人によってイライラポイントがあって

  • 自分が手に入れられないものにイラリ
  • 自分が責められている気がしてイラリ
  • 自分の方が頑張ってると思うのでイラリ
  • 無条件でみんな憎い

みたいな感じかもしれないな〜と。

1については自分ができないこと沢山あって、欲しいものが手に入らない時に努力してもどうしようがない事もあるので、他人が自分にないものを持っているのは当たり前だと私自身は考えています。

レアメタルの湧いている資産価値の高い土地と、オリンピック陸上競技で金メダル獲れる肉体と、ノーベル賞を受賞できる頭脳が欲しいですが…。

前々からレアメタルの湧く資産価値の高い土地が欲しいと思っていたんですが、そもそも日本においてそういう私有地って国のものとして渡さなければならなかったりするんだろうか。謎です。

幸せ見るの辛い派はインターネットで幸せな投稿をしている人は、全て偽りか他人を嫌な気持ちにしたいサイコパスであると考えて眺めると楽になる気がします。

そもそもネットでの日常生活の記録って、幸せなシーンを切り取って流しているだけなので実際はつらいこともゼロではないと思う。

料理好きって言うと料理苦手だよ派にイライラされることありますが、私がまったく整理整頓ができず部屋にコートの墓場を作って家族に叱られていることなど知るまいよ!

ミュートしよう

正気を保っている人にとって、フォローを外したりミュートは大事かなと思います。

友人と会った時に自分の話すスキを一切与えられずに愚痴を聞くだけで12時間拘束されたら、内容によっては「もういいだろ!お前の話は!」とキレます。キレずにおられようか。

ネットなら別に全部読んでいる前提ではないから、ほどほどにできるじゃないですか。

まとめ

以前勤めた職場でものすごく情報共有がうまくいかなかった時に、上司が「俺たちにインターネットは早すぎたんだ」という名言を発して記憶に残っています。

その時の仕事は人員不足なことが問題だったと思うので、そこ?!という気持ちを抱いたものの、インターネット戦国時代に終わりが見えないいま、彼の名言が思い出されます。

私くらいのネットと脳が繋がっているような廃人だと、インターネットにこそ真実が…!とか考えてしまいますが、みんなそこまで熱心にネットしてないし、偏ったユーザーが頑張ってるだけだから話半分で聞いて猫の写真を熱心に収集したらいいと思います。

インターネットに溢れる情報が、みんな人が書いているとは限らないですしね。私が人間で、かつ自分でこのブログを書いているという証明も難しいのではないでしょうか。

primeNow対ネットスーパーの日記

日記

本文に特に関係はない、先週の平日ランチ。お弁当屋さんで作りたてパスタを売っているのが気軽に食べられて超気に入っています。アスパラと豆のクリームパスタおいしかった。

AmazonのprimeNowで冷食や乳製品などが2時間以内で届く。

primeNowのラインナップに冷凍食品が含まれていることに気がついて、マジ?と思う一日でした。

大型スーパーに行くライフスタイルではないので、自分の住むエリアでの最安値については不明なのですが、たまに利用するネットスーパーでからあげ275gを条件に比較してみました。

店舗名 からあげ価格 送料無料条件 もっとも遅い配送時間
ネットスーパー 358円 6,000円 20〜22時
primeNow 546円 2,500円 いつでも2時間以内に配達

価格ではネットスーパーに軍配があがるものの、配送日時がネットスーパーは最も遅い時間で20時〜22時なのでフルタイムで働く会社員が20時に家で待機するのは難しい可能性があることを考えると、primeNowは使い手のライフスタイル次第では便利かもしれんね〜と思いました。

ネットスーパーや生協などの食料品の宅配サービスは、メインターゲットユーザーは育児や介護で外に出る時間を作りづらい層ではと推測します。日中家にいる条件ならば利用しやすいようになっていますし、primeNow使う必要ないかもですね。

昼間は家におらず帰りが遅くて近所にスーパーがないけど、日中お弁当を持って行きたいぜとか、地味なコスト削減をもくろむ派にはprimeNowは可能性を感じます。

食べ物のコストの話

現代の日本で貧困による栄養不足が増えている話を読んで、もっともコスト低く栄養をバランスよく摂取する生活を送るには、どんな食生活がベストなのかな〜と考えています。

コストで考えると、冷食は家で作るとコストのかかるものが安く売られていてすごい。

あらゆるものは大量に作った方が品質が安定して価格が下がるので、セントラルキッチンのシステムってよくできてる。テーブルマークなどは一般家庭のセントラルキッチンと言えなくもない。栄養面では各家庭でのフォローは必要でしょうが。

資源について考慮すると国がセントラルキッチンを管理して配給制度にすると効率がよくなりそうな気もしますが、食は娯楽や思想の面が大きいから資源が枯渇しない限りはやらないだろうなー。

こういう事を考えるとBLAMEのシャキサクバーのことを思い出すよ。

仕事という定義が変わっていくことに気がつく日記

日記

適当なタイトルを絵に入れてしまったが、さほど意味はないです。

クラウドソーシングやいらすとやによって、イラストやテキストの仕事の価格がめちゃくちゃになったよって話について考えていてふと気がついたのですが、よくよく考えたら15年くらい前からフォント職人は苦労していたかもしれんと思った。

デザイナーの人ならお世話になることのあるインターネットでダウンロードするだけでデザインに組み込めるフリーフォントは、フォントを固有にデザインして売るスタイルのデザイナーの仕事をじわじわ奪っていたのかもしれんな〜と。

フォントを楽に扱えるようになったことで幅広いスキルレベルのデザイナーがテキストをデザインに組み込めるようになったと思うのですが、フォントをデザインできることを売りにしていた人がノーダメージだったとは思えない。

もっと言うと活版印刷が絶滅しつつあるとか、版画家が激減したとか、技術の台頭でそんなことの繰り返しなんだとは思いますが。

仕事やビジネスの形は、今もずーっと変わり続けているのだな〜としみじみ感じます。そもそも昔は知らない人に仕事頼むのってもっとハードル高かったけれど、人が探しやすくなった、連絡しやすくなったなどの理由で会社勤め以外の働き方も増えた気がするし。

作ることでいうと、ユニークな何かを作る発注をすることって少数派になっていくのかもなーと思いました。靴フルオーダーメイドする人少なくなったよね、みたいな感じで。

既製品がメジャーだからこそオーダーメイドの価値が輝くことは必ずあると思うので絶滅はしないと思いますが、どういう仕事のスタイルが今後のメジャーになるのか想像もつかないです。

お料理マラソンの日記

日記

昨日は気がついたら作り置きご飯を5時間作っていて、マラソンなの?と思った。平日楽したいがために週末に大量に調理していますが、結局のところ1日に1時間は調理しているのと同じ計算…。

日々消えゆくごはんに時間を消費してしまう無間地獄!ならコンビニで買えと言われつつ、おいしいものが食べたい欲とのせめぎあい!

疲れましたが魯肉飯をはじめとして10品が奇跡レベルにおいしくできたので、語り継いでいくためドヤで記録します。

料理は一回おいしく作れても、食材にコンディションや自分の体調等で次も同じクオリティにできるとは限らないのが悔しい。今週は満足のいく出来でしたが、いつもここまでじゃないんだよなー。

奇跡の魯肉飯

奇跡の豚汁

かぼちゃの煮たやつ

ネットで、かぼちゃに砂糖と塩少々をかけてしばらく置いて、水を少し足して蒸し煮にするとおいしい的な話を見かけたので試してみたらめっちゃおいしかった。

蒸した後にバター少々とココナッツミルクでデザートにしたら、奇跡レベルのおいしさに仕上がったので感動しました。タピオカ入れてもいい気がする。

女の敵は女ではなく、人類の80%は敵だよ説

日記

女の敵は女、という言葉を昔から憎んでいます。正しくは人類の80%くらいは敵になる可能性がある、くらいじゃないのかなと。

同性だから理解できる部分ってもちろんゼロではないですけれど、育った環境や経験が違えば考え方や価値観が自分と異なるのは当たり前だし、同性なので理解してもらえる、という前提に無理があります。人間だからわかりあえる、くらいのでかい枠を感じる。
もちろんキングコブラとわかり合うよりは、同性の方が人類であるだけまだハードル低いかなとは思いますが…。

例えばコスメに月5万円投資する女性と、スキあらばApple製品を買う私で「無駄遣いをやめる」というテーマで対談したら、開始5秒で取っ組み合いが始まります。

キャンメイクの話

1月初旬にキャンメイク論争の発端となった「キャンメイクみたいなノンブランド使ってる女はだせえ」という考えって、良いコスメがいい女度を作り上げるし、自分はそうなれる努力をしているという考えに繋がっているのではないかなと思いました。

「自分はこれをやって成功している。努力していないやつはクズ」みたいな考え方すること自分もあるんですけど、自らの努力を肯定してほしいイライラした気持ちが出ている考え方だと思うので、そういう風に考え出したら寝た方がいいと思う。

Apple Pencilを買うことで超ハイスピードで仕事できて年収が上がるのに、なんでApple Pencil買わないで100均のスタイラスペン使ってるの?社会人としてダサくない?ジョブスに謝って?と私が言いだしたら、確実に疲れているので薬を盛って寝かせた方がいい状態です。

寝ると大半の悩みの詳細は忘れるので、睡眠大事。

努力を認めてほしい

疲れていると、めっちゃ頑張ってるんだよー!褒めてよー!!って状態になるものですし、なるべく頑張っている周囲の人をねぎらったりリスペクトしたいなぁと思いつつ、あんま他人の気持ちに敏感な方ではないのでボンヤリしがちです。

家族がそこらへんマメで、靴下ちゃんとしまったのえらい!とか、お茶沸かしてくれたのできる女すぎる!とか煽っているとも捉えられる低いレベルの努力で賞賛してくるのですが、まんざらでもない。(おそらく人によっては逆にキレると思う)

そういうの見習って、他人のがんばりをグッジョブ!とマメに言えるようになっていきたいですなー。

自分が疲れていると「私はみんなより頑張ってるし苦労してる」と被せ気味に言いたくなりがちですが、それぞれのフィールドで大事なものを守るために戦っているんだから、みんなすごい!えらい!ってお互いに言えたらいいですな。

承認欲求芸人の日記

日記

聞かれてもいない事を一人でナウナウ書き続ける程度に、自分は承認欲求がおそらく強いです。

幼少時にハイパー落ちこぼれで評価されるタイミングなど皆無だったため、インターネットとの出会いによって科学事故を起こしてこのザマです。インターネットで何かを書いたら人が見てくれる(かもしれない)というのは、孤独な人間には慰めになります。

もちろん書くことそのものが面白いのですが、それだけならローカルに保存して終わりにすると思う。人に見せる所を目的にすると、形を整える意識が働くのも大切ですが。

ブログというのは管理画面で訪問者数を確認する事ができるのですが、このブログは1日の訪問者数が3人とかアルファブロガーが聞いたら今すぐ辞めろと激怒する訪問者数です。おそらく3人中の2人は検索クローラーで、あと1人は心配して見にきた家族とか友達。

それでも、1人読んでくれたーやったー!という満足感を得ますし、そのくらいインターネットと承認欲求のマリアージュは半端ない。さみしく!ない!

私のように社会的承認を得る機会が少ないプロぼっちではない、もうそれ以上成功しなくても大丈夫でしょみたいな大御所でもネットで注目される事を求めて炎上させてしまったりするし、誰かに認めて欲しいという欲求の際限のなさはすごいなと思います。

インターネットの承認欲求もいくつか種類があるのかもしれないなと考えています。寂しさを埋める方向性と、社会的にすごいぜ!と称賛を浴びるための方向性。

私はブログの訪問者数が3でも、よし誰かが読んでくれた〜!とわりと満足するので、寂しさを埋める方向性なのやもしれんねと自己分析しています。

社会的に称賛を浴びたいタイプの人は「共感してくれたらRT」系なのかなぁと思ったりですが、ここまで書いて思ったのは、周囲から見て痛々しい度合いとしてはどちらも同じだなと。生きるってつらい。

朝ごはんとタイムスケジュール

日記

朝は眠い。でも朝食べないとおなかがすく。

世の人々が朝どんなタイムスケジュールで生きていて、なにを食べて、どんな事をしてるか聞きたい欲があってよく聞きがちです。

聞くだけではなんなので、私の朝スケジュールと、どんなものを食べているかを公開いたします。どやるほどのスケジュールでもメニューでもなく、わりと眠そうな雰囲気でした。

コンディションが悪いと8時まで寝る勢いで、実際たまに寝てる。しかも月の1/4くらいは眠い。

そんな感じなので朝ごはんは下記のようなものを食べています。

あたたかサラダ

前日に切って水切りをしてタッパーに入れといたキャベツとその他野菜を、てきとうに具をのせてレンジで温める。今までカトラリーで掴みにくいという理由でサラダを憎んでいましたが、温めるとシンナリして食べやすい。

大根おろし&しらす&納豆

まぜるだけ。朝から大根をおろすのはダルいので、たくさんすりおろしておいて冷凍し、流水解凍がベターではないかと最近思っている。でも大根おろしはあったらわりと使いたくなってしまい、一瞬でストックがなくなる。

煮りんごトースト

大量に煮りんごを作って冷凍し、じわじわ消化している。
市販のホイップクリームは甘さが強すぎるが、自分で泡当てるのはおっくう。朝はささいなこともダルいので、クロテッドクリームをのせることにした。

もちスープ

餅は保存がきくうえに、電子レンジですこし温めるだけで食べられるからすごい。出発まであと15分とか、そういうケースでも戦える。

おわり

朝おいしいものが食べられるとテンションが上がるので、なるべく頑張りたいけど、眠気とのせめぎあいです。みんなお布団が悪い!…でも、好き。

いろいろあって通勤時間が前よりのびたので、ブログのネタにでもするかなとiPadで絵を書いてみたら退屈しなくて最高だなーと思いました。便利な世の中!