人生日々すれ違い通信 season2

元バツイチが日々思う事を書いたりハンドメイドしたり買い物で散財したりするよ。

140文字で全部伝えるのは無理だよ日記

きょう用法を守らずに処方薬を使用したツイートに対して、用法を守るよう指摘した専門家のツイートがRTされてきたのを見かけた。ただ、指摘の情報が不完全の気配がして前後の発言も見に行ったら、専門家がデメリットについて続けてツイートされていて、全部の発言を読むことで情報が完成する形になっていた。

ネットの情報の連鎖は言葉にして説明するとなんのこっちゃ感があるので、図にした。(話の内容はわかりやすくするために、まったく別のものにしてある)

(1)あるフグが、フグは毒があるので食べないでくれと発言して、それに対して否定した人がいたとする。

f:id:mizi:20170716112546j:plain

(2)「フグ食えるんじゃん!」と見える発言のみが拡散されて、事故が起こる。

f:id:mizi:20170716112600j:plain

といったことが起こることに私は問題意識を持っている。

専門家が情報を発信する時はtwitterのような短いテキストで全てを伝えるのは困難なので、詳細はほかの場所に情報をまとめたほうがよい!と最近思っている。

かつては各自がそういった啓蒙したい情報をまとめていたように感じているのだが、インターネット利用者が増えて、情報が広がりやすくて気軽に投稿できるtwitterに書くのがいいよねーという流れになったのかもしれない。

情報の伝播が早いのは良いのだが、情報が不完全なことで混乱が起こるのは、せっかくよかれと思って情報を発信したのにかえって状況を悪くする可能性がある。

SNSへの連投を読むことに適したトゥギャッターなどのサービスも存在するが、発言する専門家自身が自分の手で情報をコントロールできる情報の形を作らないと、発言者の意図しない形で情報が利用されてしまうことがあるかなと。自分でまとめを作ったほうが情報の再編集もしやすく精度もあげやすいし。

ブログなどに発信者が詳細に情報をまとめて、それに誘導する形でtwitterで発言するようになる文化がメジャーになればよいなー。

情報のデザイン

なにより、facebooktwitterは装飾なしのテキストで、情報をデザインして伝えるには向いていない。

人間はそこまで文章を真剣に読まないので、見出しなどで「なんの情報であるか」がわかりやすい形にするの大事かなと思う。最近漫画で主義主張を書くのがはやっているのも、プレーンテキストより情報がデザインされていて読みやすいからではないだろうか。

対アリ メモリアル日記

最近ヒアリのニュースがホットだ。外来種が増えると困るため騒ぎになっているのかな?と思っていたが、噛まれるとめっちゃ痛いしアナフィラキシーショックとかこわい!という話であることに昨日気がついた。

なぜそんな察しが悪かったかというと、子どもの頃に南国に住んでいて噛まれると腫れるアリと戦うことが日常だったために、日本に毒があって噛むアリがいないことを知らなかったのだ。

日本でヒアリが増えても木造住宅が少ないため南国ほどの戦いにはならないような気がしつつ、それでもいないにこしたことはないので今のうちに駆除できることを祈る。

南国で戦っていたアリはアカアリ(大)とアカアリ(小)で、調べたところ種類的にはマンゴーアリやツムギアリではないかと思う。知らなかったが彼らに噛まれても、体質によってはアナフィラキシーショックが起こるらしい。日々噛まれていたので、こわい。

なぜそんなしょっちゅう噛まれていたかというと、南国なので虫がそもそも住みやすく多い。さらに、子どもは地面に近い位置で遊びがちなためだ。

あと、服とか鞄をちょっと置いたらアリの通り道で、服の中にアリが入るのを許してしまって噛まれたり。ハチよりやっかいな所として、アリはサイズが小さいので噛める場所への移動を人間が許しやすい。あと、うっかり踏んで興奮させてしまって噛まれやすい。

なので、外で脱いだ服ははたいてから着る。靴は脱がないを徹底した方がよかったなと思い出した。

日本にアカアリがいないとはな〜。まだまだ知らないことがあるものだ。

爆速拡散希望って口に出して言うと愉快 〜でもシェアにはご注意を〜

f:id:mizi:20170712094001j:plain

今日熱く語りたいこととしては「情報を人に伝えるときはよく考えて」だ。インターネット老人らしい説教ぽい話だし、面白おかしくは書いていない。

自分のシェアが力になれば、という気持ちについて

災害や病気、トラブルの渦中にいる当事者は強いストレスに晒されて、判断力が低下する。当事者ではない私たちが情報によって人を助けたいならば、有益な情報であっても教える前に「それって本当なの?」と検証する必要がある。

災害地に関する情報は状況が変化して誤った情報になっている可能性があるし、医療情報は正しくても「ある状況の人には禁忌」という可能性もある。

かといって情報の真偽を確かめるために災害地に乗り込んで状況を確認するのは危険だし、医療情報はプロではないから真偽を確かめるのは難しい。「情報で人を救いたい」には限界があるのだ。

インターネットはあまりに人に情報を教えるのが楽なので、気軽な気持ちでシェアボタンを押してしまう。自分のワンタップが人の助けになるなら、という気持ちで有益な情報をシェアすることがあるが、そのワンタップで誤った情報をシェアし、人が亡くなる危険もはらんでいる。

自分にはあまりフォロワーがいないから…影響力がないから…あとは受け取り手が判断するから…だからシェアして大丈夫、というのは「隣の家の人に牛乳毎日5ガロン飲めばガンが治るって話を教えてあげたけど、私は彼らにとって重要でないし、実践するかどうかは彼らしだいだから」という姿勢と同じで無責任だ。

誤った情報を伝えて、隣の家の人なら「あれは間違ってました!」と直接伝えてフォローすることができるが、インターネットでシェアされた情報が誤っていたとき、シェアした人は誰がその情報を読んだのか把握することはできないし、情報を訂正しても再度読んでもらえるとは限らないのだ。

うそはうそであると見抜ける人でないと(情報を使うのは)難しい

インターネットは誰もが情報を発信することができて、共有知によって人がよりよく生きる可能性をつくっている。だけどインターネットの中身は玉石混淆だ。

インターネットに限らず、プログラムや料理レシピの本でも「これは書いた人がきちんと検証していないな」と感じる内容のものはある。

原因のひとつに、専門家の情報が偏っていることもあって、絶対とは限らない。

また、編集者やインタビュアー、情報をまとめる人がその道のプロとは限らないために情報が誤ってユーザーに伝えられることがある。誤った情報を流す編集者やインタビュアーを責めたくなるかもしれないけれど、一般的なニュースを扱う担当がすべての情報に精通するのは限界があり、確認など努力してもミスすることはある。

「情報は誤っている可能性もある」と念頭において、複数の情報を見比べて検証するくせをつけたほうが良いと思う。書いている私自身もすごい勢いで騙されやすいので、気をつけねばと常々思っている。

そのあたりの感覚は、家庭での教育差が激しいので情報を検証するリテラシーについてはがっつり義務教育で教えてもいい時代だ!と私は主張している。

本当は公衆衛生と栄養の情報も義務教育に入れてくれよと思うが、公衆衛生や食生活(栄養)は家庭ごとの思想が色濃く反映されるので、教えても無駄になる可能性が高いのだろうな、と思っている…。

非常時に備えて

病気や災害、人の不安をかきたてる情報は伝播が早い。

災害時など人命に危険が及ぶ事態で、冷静さが失われデマが蔓延して人命が失われてしまうこともある。

グレゴリオ暦2017年、ヒジュラ暦では1438年。長い歴史で人間はじわじわ賢くなって、疫病や災害などの困難を解決してきた。

インターネットがあったから魔女狩りがまた起きちゃったね〜みたいな事態を避けるために、普段から「これって人に教えても大丈夫?本当に信頼できる情報かな?」と考える癖をつけていきたい。自分は判断力がない情報弱者なので、マジ気をつけたい。

ズーラシア訪問記〜オカピに魅せられて〜

よこはま動物園ズーラシアに初めて行った。
神奈川県に住んでいるのでその気になればいつでも訪問できたのだが、車を持っていないとアクセスがおっくうな感じで未訪問だった。今日は天気もよいので勢いで行ってみたら、ディズニーランド的にうまく導線を作っている施設ですごく面白かった。

絵的におもしろかったので写真日記にしようと思っていたが、私の尋常ならざるどんくささによって動物はうまく撮影できていなかった。そのため動物園に行きながら施設とギフトショップの写真を貼る。

f:id:mizi:20170708183028j:plain
入り口

f:id:mizi:20170708182524j:plain
園内バス

f:id:mizi:20170708182537j:plain
休憩施設

f:id:mizi:20170708182553j:plain
アジア系のサル展示の装飾

f:id:mizi:20170708182622j:plain
掲示物のあふれるテキストセンス

f:id:mizi:20170708182632j:plain
ちょいアフリカテイストのごはん

f:id:mizi:20170708182647j:plain
ギフトショップ

ギフトショップが狂ったようなオカピ推しで、ギフトショップに入ってはじめてズーラシアオカピを全面的に推していることに気がついた。キリン系のやつをマスコットとして推すってマニアック…。

f:id:mizi:20170708182754j:plainf:id:mizi:20170708182758j:plainf:id:mizi:20170708182803j:plainf:id:mizi:20170708182810j:plainf:id:mizi:20170708182815j:plainf:id:mizi:20170708182819j:plainf:id:mizi:20170708182824j:plainf:id:mizi:20170708182831j:plainf:id:mizi:20170708182838j:plainf:id:mizi:20170708182843j:plain

他社とかぶらないよう各社、創意工夫をこらしたオカピグッズ。オカピを見すぎて最終的に欲しくなってきたが、種類が多いために迷ってどれも買えず帰宅した。

f:id:mizi:20170708183955j:plain
フンコロガシ氏

天気が良いためにめちゃくちゃ暑い日だったが、園内に休憩スペースと木陰が多かったので、こまめに休憩しつつのんびり散歩することができた。
道が広くてベビーカーや車椅子も通りやすい、ゆったりした歩きやすい動物園だ。

パンダ的な華やかな動物はいないが、展示や掲示物に工夫があっておもしろいしまた行きたい。今度はオカピグッズ買おう。


これもオカピを名乗ってた。

厚焼き卵とりんごキラーの戦争について日記

きのこを洗うかどうか問題、きのこの可食部をどう定義するか問題で、我こそが正義と自炊派どうし日々血で血を洗う争いをしている。

という話は主婦あるあるかなと思うのだが、よくよく考えてみると料理に限らずあらゆる作業でこういう話がある気がする。

人間の数だけ正義や常識があり、平均値をさぐることの難しさよ…!と365日しみじみしている。

私は厚焼き卵がうまく焼けず、スクランブルエッグまたはオムレツになってしまう。これは卵焼き器を持っていないことが原因のひとつだと思う。
よくわかんない調理器具を買ってないで最優先で卵焼き器を買えよ、と料理好きに罵倒されるが、私にとっては厚焼き卵よりもりんごキラー(簡単にリンゴが剥くことができる機器の愛称)のほうが優先度が高いのだ。

自炊をはじめようとしている人がいたとして、調理機器を何を揃えるかという話を始めた時に私はまずりんごキラーを勧める。その場に厚焼き卵信者がいたら、卵焼き器を勧めるはずなので私との戦争がはじまるはずだ。

世の中から争いがなくなることがないのは、たぶんこういうことなのだ。別にどちらも間違ってはいない。

自分がもし独裁者だったら全国民にりんごキラーの購入を義務としたと思うので、私のような矮小な人間が権力を持っていなくてよかったとしみじみ思う。りんごヘイトな民によって暴動が起こされ討ち倒されてしまう。危ないところだった。

フリマアプリとおもちゃの修理

先日、いまさらフリマアプリデビューをし、通電しないためジャンクとして格安で売られていたおもちゃのミシンを買った。

直せる予感がしたので試したら直った。ヒェー! せっかくなので大切に第二のおもちゃ生を送らせてやりたい。

これは海外おもちゃのポニーちゃんミシン。ファンシーな狂気を評価している。

壊れたおもちゃは買うのに卵焼き器はまだ購入しない。

お気に入り料理本紹介 2017

インターネットにレシピが死ぬほど落ちている時代だが、本の形だと情報がまとまっているので関連したレシピを調べやすいのが良いと思っている。

長いこと料理本を収集していて、相性の合わないレシピ本ってそこそこあった。でも、逆に長年読んでもまだまだ作っておもしろい本もある。お気に入り本が売れて、作者の人が次の本を出してくれるといいなと思い、推し料理本紹介を書く。

収集の方向性として和食のレシピはインターネットでざっくり調べていて、あまりメジャーでない料理の作り方を解説した本を中心に集めている。写真が美しいと思わず買いがちだが、今回は味もよい! と思った本のみをピックアップしている。

プロの味を決める ソース・たれ・ドレッシング・合わせ調味料

タイトル通りソースやたれのみに特化したレシピ本。2016年にこの本を購入して、なるほどこの組み合わせもアリか〜! みたいな感じで感動。合成に慣れてドレッシングをほとんど買わなくなった。

自分好みの味を追求したいけど、何の調味料を合体させるとお店みたいな感じになるの? とわからん人にもってこいの本ではないか。

煮込み料理をご飯にかけて

煮込み料理をご飯にかけて 作りおきして安心。ひと皿で大満足。

煮込み料理をご飯にかけて 作りおきして安心。ひと皿で大満足。

2016年殿堂入りレシピ本。料理を数回ぶん作り置きしてコストを下げたいよ派なので、おいしくて保存向けのこの本はめちゃくちゃ気に入っている。寸胴鍋がある家や作り置きタイプの人におすすめ。「牛すじ肉のポトフ風」がおいしすぎて気絶。

スープ教本

スープ教本

スープ教本

遠い昔に買った本だが、まだまだ現役。洋風からエスニックまで様々な方向性のスープが載っている。「かぼちゃのココナッツスープ」が超おいしい。

この本のレシピを繰り返し作るうちに、「こういうスープもありだな」と勘所がついたので、基礎のトレーニング本としてもよかった。同じシリーズで「サラダ教本」もわりと気に入っている。

野菜のミニおかず210

野菜のミニおかず210−1つの野菜で作れる!パパッと作れる、毎日使える、おたすけ手帖

野菜のミニおかず210−1つの野菜で作れる!パパッと作れる、毎日使える、おたすけ手帖

野菜一品と調味料で副菜を作りたいなーという時に、シンプルな手順でさくっと作れるレシピだけが掲載されている。野菜ごとにレシピが紹介されていて野菜数も多く、この野菜はこういう調理法もありなんだなーと勉強にもなった。

もし料理初心者にレシピ本をプレゼントするなら、このシリーズのレシピ本にする。

作りおきできる フレンチデリ

作りおきできる フレンチデリ

作りおきできる フレンチデリ

正月のオードブルでこのレシピ本の料理を作る。フレンチと言いつつ素材が日本に手に入る範囲で、かつ材料数を絞っているのでだいぶ作りやすい。「ハムのムース」がハイカロリーシンプルながら有罪のおいしさ。

野菜でオードヴル +野菜のスープ+デザート

野菜でオードヴル +野菜のスープ+デザート

野菜でオードヴル +野菜のスープ+デザート

工作みたいでおもしろい料理が多い! 日常で作るというより、今日はおもしろい料理したいな〜! というテンションの時に使う。「トマトとカッテージチーズのテリーヌ」美しいしおいしい。

材料の表記がgで「トマト1個」といった個数説明がされないのと、手順がストイックに省略されているので初心者には不向きなレシピ本。

『なんでもデザート』という同じ著者の皿盛り付け系デザート本も超良著。

私たちのお弁当

私たちのお弁当 (クウネルの本)

私たちのお弁当 (クウネルの本)

弁当特化の写真+紹介テキストの本で厳密にいうとレシピ本ではないが、どういう人がどういう意図で作った弁道なのか丁寧に解説されているので「こういうシーンでこの献立、ありだな!」という発見があって読んでいると興奮する。

好きすぎてシリーズ全部持っている。

明日使える! お弁当大百科 (趣味どきっ!)

明日使える! お弁当大百科 (趣味どきっ!)

2017年にNHK Eテレ『趣味どきっ!』という番組で「明日使える! お弁当大百科」という特集があって、弁当愛による興奮のあまりムックを買った。掲載レシピ数は多くないが、お弁当という宇宙と魅力についてよく理解した人が企画したと思う。料理マスターには必要ないレシピだと思うが、読んでいてお弁当を作りたくなるからそれだけでよい。

料理通信

レシピ特化ではないが、食を取り巻く事情をていねいに説明していて良雑誌。

レシピ本としては分量がプロが書いたものなので、g単位で説明されていて融通きかせて調理するのが得意な人向けかも。

 おやつとデザート

料理通信 2017年 02 月号 [雑誌]

料理通信 2017年 02 月号 [雑誌]

写真が狂ったようにかわいい。料理通信のデザイナーとカメラマンはまじでセンスが素晴らしい。

すてきなフランス惣菜

料理通信 2017年 04 月号 [雑誌]

料理通信 2017年 04 月号 [雑誌]

文化も合わせてフランスの料理を紹介しているので、渡仏経験がある人がニヤリとする感じ。

メイン料理に対してのじゃがいも付け合わせのバリエーションとケース解説は、なるほど図で見せられるとわかりやすい!!

いいつまみ、いいおかず<アジア編>

料理通信 2016年 06 月号 [雑誌]

料理通信 2016年 06 月号 [雑誌]

ローカルエスニック料理レシピがたくさん載っていて、良特集。確かにつまみとしてエスニックを作るのアリだ。

世界のホットドリンクレシピ

アルコールは飲めないけれど、飲み物は好きなのでカフェではなく家でもおいしい飲み物が飲みてぇ! と思って買った。

アルコールがわりと多いのと、エスプレッソは知っとるわ! みたいな気持ちのレシピもあるが写真の統一感が超美しいのでカタログ的に読んでいてウキウキする。

世界の祝祭日とお菓子

世界の祝祭日とお菓子

世界の祝祭日とお菓子

世界のローカル菓子が祝日エピソードとともに紹介されていて、読んでいてわくわくする。トラディショナルなお菓子が多いため手順がそこまで難しくなくシンプルなお菓子が多い。

DTPとデザインがすごく美しいので、カタログ的に読んでいてうっとりできる。

津田陽子の100のおやつ

津田陽子の100のおやつ

津田陽子の100のおやつ

だいぶ昔に購入したが、おそらく一生使うレシピ本。「ガレット・デ・ロワ」のレシピはいつもこの本!

さまざまなる焼き菓子レシピが載っていて、シンプルながら確実なおいしさ。

美しいフランス菓子の教科書

美しいフランス菓子の教科書

美しいフランス菓子の教科書

『津田陽子の100のおやつ』と『なんでもデザート』を持っているのでデザート本はこれ以上不要かと思っていたが、ソース本を2016年に購入して料理の幅が広がったのをきっかけにデザートでも材料の組み合わせを覚えるような本が欲しいと思っていた。

本の構成が超美しいし、基本的なクリームの作り方がコツととも解説されていて、よい。

焼いて終わり! ではなく、焼いた後にクリームをはさむぜ! みたいなステップ数が多いレシピが多い。工作っぽいのを楽しめる料理好きによさげ。

Cooking for Geeks

Cooking for Geeks 第2版 ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)

Cooking for Geeks 第2版 ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)

レシピ本ではなく、料理をとりまくさまざまな謎を検証によって解説した本。

この素材を扱うためには何度を何分が適切なわけよ! 検証したる! みたいな謎の方向性の努力をはじめる料理好き向けの理屈っぽい内容。

鍋やまな板の素材の解説もされていて、気になってはいたが検証しきれない謎の答えが読めてすっきりした。自分の包丁の持ち方が効率が悪かったことがわかったので、読んでよかった。

おわりに

レシピって、何度か作るうちに「この応用もありだな」と覚えていくのがおもしろい。

思いつきでぱぱっと作るのもよいけれど、調味料の使い方とかまったく勘がなく新しいものを作る力がないので「この素材はこういう使い方なんだ」とレシピをなぞって気がついていくと嬉しい。

料理レシピ本は相性があるので、紹介した本では作りづらいとか味覚に合わないとかあると思うけれど、通りすがりのだれかのお好みに合えば幸いです。

ヨコハマ×FF30周年イベントの日記

FF30周年イベントの一環で、インターコンチネンタル横浜にプロジェクションマッピングを投影するイベントを開催していたので見に行ってきた。

崎陽軒とコラボ

崎陽軒がFFイベントコラボ弁当も発売していて、乗るしかないこのビッグウェーブにと思ったが、売り切れて入荷待ちだったり行列がスゴかった。

http://www.kiyoken.com/campaign/17FF30th/www.kiyoken.com

ひょうちゃん*マニアがこんなにいるとは予測していなかったので、私のようなにわかはひっこむしかない。諦めて牛タンを食べた。

*ひょうちゃん…崎陽軒シウマイ弁当に入っている醤油差しキャラ。さまざまなバージョンがあってコレクターがいる。

http://www.kiyoken.com/hyo/www.kiyoken.com

FF14プロジェクションマッピング

ビルの形状をうまく活かしつつ横浜を火の海にした所がよかった。横浜でせっかく上映するしぶっ壊しておくか!という心意気を感じる。

インターコンチネンタル建設当時は、バハムートを投影して横浜を火の海にするなど夢にも思ってなかっただろう。

ビルが大きいのでわりとどこからでも観覧することができるが、BGMが聴けるのは公式サイトに掲載されている観覧エリアのみなので注意が必要だ。

ただ観覧エリアは上映時間によって混雑している気配がしたので、BGMを欲していないなら高めのビルに入った海方面が見えるレストランの窓際席ならゆっくり座ってプロジェクションマッピングが観られるだろう。(インターコンチネンタルって席から見えますか?って聞くと確実)

www.finalfantasy.jp

桜木町駅を出てすぐの汽車道そばで、観覧できる場所の混雑状況を知らせる看板を持ったスタッフがいる。あす日曜に観に行く方はチェックをオススメする。

おわり

ここまで熱心に横浜FFイベントについて書いたが、FF14と15をプレイしていないので熱心なファンとはいえない。崎陽軒のFFコラボ弁当を食べる資格は私にはないのだ。

キャラが好きなのは4、戦闘システムが好きなのは12。

カインとメーガス三姉妹バルバリシアのことは今も好きだ。戦闘狂っぽい女性キャラとかわいそ男子キャラが好きなまま、25年が過ぎてしまった。趣味が変わらなさすぎてつらい。

話がそれたが、FF横浜プロジェクションマッピングは周辺の視覚情報を取り入れていて面白かった。作品単体はネット上で公開されているが、周辺が見えていると演出のうまさが際立つので横浜に来やすい人にはおすすめしたい。

FF50周年イベントも横浜で開催されることを期待!

あとFF12のリマスター版がもうすぐ発売なので全人類買うしかない。胸毛の濃いキャラがいるし、システムも曲もよい。

www.jp.square-enix.com